医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

固定チームナーシング 第3版【電子版】

責任と継続性のある看護のために

西元 勝子 (他著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-61670-6
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
256ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,592 (本体¥2,400+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-01670-4
印刷版発行年月
2012/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
28 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

看護提供方式の1つである固定チームナーシングの考え方と導入の仕方を解説した好評書の最新版。今日の医療の動向を背景に、訪問看護ステーションや回復期リハビリテーション病棟などにおける取り組み例を追加。よりよく機能させるために欠かせない共同業務のあり方や現任教育についての記述も大幅に拡充。固定チームナーシングを活用するためのヒントが満載。

目次

第3版序文
第2版序文
初版序文

第1章 社会の求める看護を提供するために
 固定チームナーシングのめざすもの
 組織の変革とナースのリーダーシップ

第2章 固定チームナーシング導入準備
 看護方針を明確にする
 看護チームの現状把握と分析
 固定チームリーダーの役割行動を支援する
 チームワークシートの有効活用
 スタッフへの動機づけと医療チームへのはたらきかけ

第3章 固定チームナーシングの実際
 患者グループの分け方
 看護チームの分け方
 チームローテーションの方法を決める
 役割の自覚を促す
 役割や業務内容を成文化する
 共同業務
 勤務表の作成
 チーム方針と年間計画の立て方
 小集団活動
 チーム間の応援体制
 看護チーム活動とカンファレンス
 固定チームナーシングの評価

第4章 固定チームナーシングの取り組み
 病院ぐるみで一斉導入
  一斉導入その1 札幌西円山病院
  一斉導入その2 今村病院分院
 内科病棟
  市立宇和島病院
 脳外科・眼科等混合病棟
  JA愛知厚生連江南厚生病院
 手術室
  掛川市立総合病院
 ICU
  ICUその1 鹿児島市医師会病院
  ICUその2 JA愛知厚生連江南厚生病院
 産婦人科病棟
  釧路赤十字病院
 精神科病棟
  釧路赤十字病院
 病棟と外来との連携
  PL病院
 小児・女性病棟
  飯田市立病院
 ホスピス病棟
  聖フランシスコ病院
 療養病棟
  加藤病院
 回復期リハビリテーション病棟
  済生会江津総合病院
 重症心身障害児(者)病棟
  国立病院機構松江医療センター
 介護老人保健施設
  黒部市介護老人保健施設カリエール
 訪問看護ステーション
  JA長野厚生連篠ノ井総合病院訪問看護ステーション

第5章 固定チームナーシング定着のために
 看護部のフォローやバックアップ
 リーダー会,チーム会運営,院内交流
 中間評価
 固定チームナーシングと現任教育
 リーダーの育成

補章 災害と固定チームナーシング

索引