医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

医道の日本 Vol.78 No.11【電子版】

2019年11月号

灸の工夫

出版社
医道の日本社
電子版ISBN
978-4-7529-1364-1
電子版発売日
2021/03/22
ページ数
145ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥998 (本体¥908+税10%)

特記事項
※電子版のデータは、基本的に紙版の誌面に基づいた内容ですが、広告ページにつきましては、白紙ページに差し替えております。
印刷版ISBN
978-4-7529-8084-1
印刷版発行年月
2019/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
204 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

灸の工夫 本誌ではこれまで、多様な観点から「灸」を取り上げてきたが、今回は施術家が行っている「灸の工夫」にスポットを当てた。
思いもよらない発想や、地道な努力によってつくり出された機器や治療法、そこから見えてくるのは施術家としての経験や執念、ひらめき、こだわり、そして「理想とする灸治療」を追求する施術家たちの姿である。
巻頭企画「灸の工夫 見せてください!」では、廃材や安価で手に入る材料でつくり上げた温灸器、陶芸家とのコラボによって生み出された温灸器、自宅の窯で焼いた陶器を用いる温灸治療、灸の煙問題を解消するために製作した排煙装置、また大師流に伝わる灸点液や師匠から弟子へ継承される透熱灸などを紹介する。
それぞれの施術家の灸愛の具現化ともいえる工夫の数々から、まだまだ尽きない灸の魅力をぜひ感じてほしい。
また、特集では「灸治療が奏効した症例」と題し、胎児の骨盤位、小児の夜尿症、膝関節症、更年期障害と美容の分野から、灸治療で改善した症例を紹介する。

目次

今月のスナップショット
ポートレート/石戸谷蓮

生薬とからだをつなぐ (95)/鈴木達彦読者を訪ねて (7)/小笠原晋
誌上で鑑別トレーニング 外傷整復道場 (95)/大森淳次

巻頭企画
灸の工夫 見せてください!
01レポート編 陶芸家とコラボしたオリジナル温灸器/堀部耕平
02レポート編 身近なものでつくる 竹の輪灸・燻蒸灸・せいろの灸/小柴元
03レポート編 温灸器から排煙設備まで 随所に工夫が光る温灸治療/渡邉元
04インタビュー編 自作の陶器で行う「鈴木式陶器灸法」の方法とその効果/鈴木暹
レポート 透熱灸の技術伝承/杉田由範、森洋

レポート 大師流に伝わる灸点液/首藤順子コラム 自分なりの「灸の工夫」を着想するため多様な灸の活用法を改めて知る ー『まるごとお灸百科』の岡田明三氏に聞くー

特集 灸治療が奏効した症例
森田智 阿古幸代 杉田由範 森洋介

学会・イベントレポート
 第2回全国あん摩マッサージ指圧コンテストを開催
 東洋療法学校協会が第41回学術大会を開催
業界ニュース
続・あはき臨床 私の学び方 伝え方 (9)/坂口俊二
経穴の主治を生かせる 池田政一の臨床 (30)/池田政一
古典から鍼灸師の仕事を見直す (21)/宮川浩也
マンガでわかるプラセボ効果 (8)/山下仁・犬養ヒロ
最も気になる症状の治療であんま・はり・きゅう・柔道整復師に かかっている割合に関する調査 (後編)/矢野忠ほか
鍼灸徒然草─ふと臨床編─ (15)/首藤傳明
鍼灸字源探検 (9)/久保裕之・金子都美絵
人を送り出す治療院 (13)/山内誠一郎
鍼灸ワールドコラム (102)/建部陽嗣・樋川正仁
臨床に活かす古典 (90)/篠原孝市
世界メディアが伝える「鍼灸」最新動向 (150)/中田健吾
逆子における鍼治療の臨床的検討 /佐々木石雄ほか
短歌欄入選 (244) /大河原惇行
キャッチアップ! 医療記事ヘッドライン
今月の読者の広場
編集後記