医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

看護研究 Vol.54 No.1【電子版】

2021年3月発行

量的研究,質的研究の「危うさ」と混合研究法の可能性 第6回日本混合研究法学会オープンフォーラム「混合研究法で量的研究,質的研究の『危うさ』を乗り越えられるか」より

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1405
電子版発売日
2021/04/05
ページ数
88ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,200 (本体¥2,000+税10%)

印刷版ISSN
0022-8370
印刷版発行年月
2021/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
18 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

量的研究,質的研究の「危うさ」と混合研究法の可能性 第6回日本混合研究法学会オープンフォーラム「混合研究法で量的研究,質的研究の『危うさ』を乗り越えられるか」より -

目次

■量的研究の立場から
計量的言語研究の現状と展望――検証型研究と探索型研究の界面
石川慎一郎/抱井尚子

■質的研究の立場から
質的研究の危うさ――私の経験から
グレッグ美鈴/抱井尚子

■パネルディスカッション
量的研究・質的研究の課題と展望,そして混合研究法の未来
石川慎一郎,グレッグ美鈴,成田慶一,抱井尚子

■特別記事
【修士・博士論文の出版の促進に向けた日本看護科学学会和文誌・英文誌の取り組み】
『日本看護科学会誌』の取り組み――投稿のTipsを含めて
宮下光令,河野あゆみ,春名めぐみ 43

『Japan Journal of Nursing Science(JJNS)』の取り組み
堀内成子

■特別記事
ナラティヴ分析への誘い――看護研究における可能性
宮坂道夫

●Ska vi FIKA? スウェーデンでの研究生活・1
スウェーデンに行くまで
加藤尚子

●集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・16
研究者としての自分を形づくった「奇跡」
吉永尚紀