医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

看護研究 Vol.53 No.1【電子版】

2020年02月発行

特集 看護研究における報告ガイドライン1

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1405
電子版発売日
2020/02/17
ページ数
80ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,200 (本体¥2,000+税10%)

印刷版ISSN
0022-8370
印刷版発行年月
2020/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
12 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 看護研究における報告ガイドライン1 -

目次

序-報告ガイドラインの意義
中山 健夫
報告ガイドラインの意義とその活用に向けて
友滝 愛
■誰でも知っておきたい! よく使われている報告ガイドライン
CONSORT-CONSORT 2010声明:
 ランダム化並行群間比較試験報告のための最新版ガイドライン
木戸 芳史
STROBE-疫学における観察研究の報告の強化(STROBE声明):
 観察研究の報告に関するガイドライン 友滝愛 28
PRISMA-システマティック・レビューおよび
 メタアナリシスの報告における望ましい報告項目:PRISMA声明
木戸 芳史
RECORD-日々観察されて集められている診療情報を用いた研究の報告基準
奥山 絢子
COSMIN-健康関連尺度の選択に関する合意に基づく指針
加藤 尚子
COREQ-質的研究論文の統合基準チェックリスト
萱間 真美
報告ガイドラインは何が優れているのか-具体的な活用場面から考える
宮下 光令



●集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・10
自分だけの納得を超えて誰かのために
江川 優子