医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

看護研究 Vol.57 No.2【電子版】

2024年 04月号

特集 EBPから実装へ 1 モデルを深める

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1405
電子版発売日
2024/05/13
ページ数
104ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,200 (本体¥2,000+税10%)

印刷版ISSN
0022-8370
印刷版発行年月
2024/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS最新の2世代前まで / Android最新の2世代前まで
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android2世代前の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
18 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

特集 EBPから実装へ 1 モデルを深める 研究の充実がますます欠かせない時代。看護とは? 研究とは? という原点を見つめながら、変わらない知を再発見し、変わりゆく知を先取りしながら、すべての研究者に必要な情報をお届けします。誌面を通して、看護学の知と未来をともに築きたいと考えています。 (ISSN 0022-8370)

隔月刊(偶数月)、年6冊

目次

特集 EBPから実装へ 1──モデルを深める

看護実践におけるEBP実装モデルへの期待
酒井郁子

EBPにおける実装の理論・モデル・フレームワークを活用するために──その課題と方策を考える
友滝 愛,深堀浩樹,津田泰伸

■看護分野でよく使われる・開発されているモデル
ARCC Model
高岡茉奈美,二見朝子

Iowa Model
松岡千代

JBI implementation framework
西村直子

■モデルを臨床にどう活かすか
エビデンスに基づく看護実践の経験とARCC Modelの可能性
坂木孝輔

Iowa Modelの活用──伊勢赤十字病院の取り組み
奥野史子,西川圭子,村田 舞

●Journal Club on Paper II 英論文からリアルワールド・データ解析をどう学ぶか・4
機械学習を用いた入院患者の転倒リスク予測モデルの開発──機械学習(教師あり学習)を学ぶ(Ladios-Martin et al., 2022)
園田奈央,森本明子

●看護実践モデルの構築・評価・改善──その方法とプロセス・5
「成人期にある高機能自閉スペクトラム症をもつ人の親」を対象としたエンパワメントを促進する実践モデルの構築
川田美和

●集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・34
研究を活用したエビデンス構築に基づく臨床実践の向上に向けた挑戦
椿 美智博