医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

薬局 Vol.73 No.13【電子版】

2022年12月号

2022年(ことし)なにあった?

出版社
南山堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/12/05
ページ数
176ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,200 (本体¥2,000+税10%)

印刷版ISSN
0044-0035
印刷版発行年月
2022/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
198 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

2022年(ことし)なにあった? 薬剤師は日々の業務で忙しく、自己研鑽や最新の情報へのフォローアップに割ける時間は限られています。しかし、医療業界・社会の変化や進歩は待ってくれません。毎年、多くの新薬や新規効能が承認され、多数の診療ガイドラインが公開・改訂され、数えきれないほどの臨床試験の結果が発表されます。好評だった 2021 年版につづき、本特集では、2022 年に起こった薬剤師に関わるトピックスの概要および影響をまとめました。最新情報をキャッチアップし、2023 年に向けて新たな心構えで薬剤師業務に邁進するために、必携の一冊です!

目次

特集
2022年なにあった?

■特集にあたって
・2022年を振りかえって(石井 伊都子,大井 一弥,室井 延之,山浦 克典)

■\薬剤師注目!/今年の診療ガイドライン・新薬&新規効能追加
・診療ガイドラインの公開・改訂動向と最新知見の見どころ(青島 周一)

■Catch Up! 診療ガイドライン
・COPD診断と治療のためのガイドライン,改訂!(川山 智隆 ほか)
・統合失調症薬物治療ガイドライン,改訂!(稲田  健)
・抗菌薬TDM臨床実践ガイドライン,改訂!(松元 一明)
・夜尿症診療ガイドライン,改訂!(西﨑 直人 ほか)

■Catch Up! 新薬・新規効能・新剤形
TOPICS
・新薬も登場! 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の今は?(大橋 裕丈)
・心不全に新たなツール! 治療は変わる? 変わらない?(橋本  亨 ほか)
・糖尿病の新規治療薬イメグリミン! その作用とは?(麻生 好正)
・不妊治療・生殖補助医療の保険適用に伴う効能追加が盛んに!(日置 三紀)
・変わりゆくアトピー性皮膚炎治療! 新薬の効果・使いどころは?(加藤 則人)
・乾癬治療の現在とこれから(藤田 英樹)
・片頭痛の急性期治療・予防療法が激変! 新薬はどう活かす?(菊井 祥二 ほか)
・新規作用機序の慢性咳嗽治療薬が登場!(金子  猛)
・悪心・嘔吐への積極的な介入を! 制吐薬の新薬・新効能(比良 大輔 ほか)
新薬・新剤形News
・塗る抗コリン薬?! 多汗症治療のニューフェイス(藤本 智子)
・待望の飲めるプロゲステロン登場!(牧田 和也)
最近の添付文書改訂
・気になる併用禁忌,気をつけたい副作用追加(松村 知洋)

■What’s Up 2022
・スイッチ緊急避妊薬の議論 ―匍匐前進の超スロー,実現は2024年以降か―(玉田 慎二)
・病院薬剤師の人材確保問題と卒後研修 ―全国調査により実情が“みえる化”―(髙塩 健一)

シリーズ

■えびさんぽ
 ランドマークスタディで振り返る2022年
 (青島 周一)

■Gebaita?! 薬剤師の語ログ
 〈第12回〉第7波の新型コロナウイルス陽性患者への対応を振り返る
 (中嶋 亜紀)

■現場で働く薬剤師のための臨床薬学研究のオモテ・ウラ
 〈第12回〉後ろ向き臨床研究のオモテ・ウラ
 (大井 一弥)

■薬剤部門管理者・ミドルマネジャーのためのBSC活用入門
 〈最終回〉失敗は成功の基:BSC作成失敗事例から学ぶ
 (髙橋 淑郎)

■くすりのかたち外伝 わかる!使える!まいにち薬会話
 〈第12回〉「この薬の吸収は〇〇です」皮膚吸収編
 (浅井 考介 柴田 奈央)

■腫瘍薬学ハイライト
 血液がんに高い治療効果を示すCAR-T細胞療法
 (川西 正祐)

■医薬品適正使用・育薬フラッシュニュース
 ・薬物乱用頭痛の有病率は2.32%
 ・ドンペリドンやメトクロプラミドで脳卒中リスクが上昇
 (佐藤 宏樹 澤田 康文)

■喫茶よりみち 薬剤師の知っ得リテラシー
 〈Scene #12〉審査を経ていないプレプリントと社会の関わり ~あの治療薬にまつわる混乱にも影響を及ぼしていた!?~
 (井出 和希)

■薬剤師力の型 新たな思考と行動プランを手に入れろ!
 〈拾弐ノ型〉過去の治療歴から現在の薬物治療への影響を考えよ!
 (槇枝 大貴)