医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨床婦人科産科 Vol.75 No.6【電子版】

6月発売

今月の臨床 大規模災害時の周産期医療  災害に負けない準備と対応

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1294
電子版発売日
2021/06/07
ページ数
116ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,970 (本体¥2,700+税10%)

印刷版ISSN
0386-9865
印刷版発行年月
2021/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
36 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

今月の臨床 大規模災害時の周産期医療  災害に負けない準備と対応 -

目次

■災害医療の基本
周産期医療と災害
石川広己

災害時の基本的医療――TTT(Triage,Treatment,Transport)
石川秀樹

災害医療派遣チーム(DMAT)と広域災害救急医療情報システム(EMIS)
小井土雄一

災害医療教育研修――MIMMS,NDLS,MCLS
八木雅幸,大友康裕

■激甚災害の経験から得られた周産期医療体制の問題点と現状
データからみる2011年東日本大震災と周産期医療
菅原準一

2016年熊本地震
津田尚武

2019年秋の台風およびそれに関連した豪雨災害への対応
鈴木 真

令和2年7月豪雨――人吉球磨地域の産婦人科医療への影響
瀬戸雄飛,下川理沙,大場 隆

■大規模災害時の周産期医療体制構築への試み
災害時小児周産期リエゾン設立までの経緯
松本陽子

日本産科婦人科学会の取り組み――大規模災害対策情報システム(PEACE)について
永瀬 智

■感染症パンデミックへの対応――新型コロナウイルス感染症を踏まえて
母体と医療従事者への感染を防ぐには
出口雅士,山田秀人

新生児の水平感染を防ぐには
細野茂春

■災害時の医療機関のインフラ確保――Triage Greenの健康維持のために
災害を想定した防災リテラシー――水の確保と医療施設の自立体制
古谷健一

電源の確保
出口 宝,田名 毅,佐々木秀章

●Obstetric News
新型コロナウイルス感染症ワクチン接種:妊婦と母乳哺育女性(Ⅲ)――推奨(米国産婦人科学会)
武久 徹