医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

公衆衛生 Vol.84 No.1【電子版】

2020年01月発行

特集 データヘルスの活用 公衆衛生活動に生かす

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1170
電子版発売日
2019/12/30
ページ数
74ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,640 (本体¥2,400+税10%)

印刷版ISSN
0368-5187
印刷版発行年月
2019/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
28 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 データヘルスの活用 公衆衛生活動に生かす -

目次

データヘルスの特長と公衆衛生活動の将来像との関連
古井 祐司
■地域の健康医療行政におけるデータヘルスの活用
(1)静岡県の取り組み
土屋 厚子
(2)福島県の取り組み-「元気で働く職場」応援事業
味戸 智子・渡邊 重勝
■職域におけるデータヘルスを活用した健康事業の取り組み事例
(1)職域における健康基礎情報を活用した健康経営の取り組み
守谷 祐子
(2)自治体と連携した協会けんぽの取り組み
六路 恵子
子どもの生活習慣病予防教育におけるデータヘルスの活用
上村 晴子
データヘルスを支援する委託事業者の取り組み
高橋 和子・高塚 志保
健康政策の立場からデータヘルスに期待しているもの
藤岡 雅美・神ノ田 昌博



■視点
公衆衛生の一端を担う保健所・環境衛生監視員の今後を考える
中臣 昌広



●世界に届け! Boshi-Techo・3
UNRWAの母子手帳とその応用-難民におけるmHealth
北村 尭子
●リレー連載・列島ランナー・130
地域保健の原点は国際診療にあり-外国人患者,外国籍住民から学び得ること
新垣 智子
●予防と臨床のはざまで・189
予防医療医の夏2019(後編)
福田 洋
●映画の時間
再会の夏
桜山 豊夫