医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

公衆衛生 Vol.84 No.3【電子版】

2020年03月発行

特集 がん検診 見えてきた問題にどう取り組む?

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1170
電子版発売日
2020/03/02
ページ数
72ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,640 (本体¥2,400+税10%)

印刷版ISSN
0368-5187
印刷版発行年月
2020/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
24 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 がん検診 見えてきた問題にどう取り組む? -

目次

わが国のがん検診の歴史と進むべき方向-自治体検診,職域検診,高齢者対策
中山 富雄
対策型検診への都道府県の取り組み-大阪府におけるがん検診の推進
中谷 健志
職域におけるがん検診の位置付けと多様性
渋谷 克彦
胃がん検診の現状-胃X線,胃内視鏡,リスク層別化の課題
加藤 勝章・千葉 隆士・只野 敏浩・渋谷 大助
肺がん検診の現状と将来-胸部X線,喀痰細胞診,低線量CT
佐川 元保・菅原 崇史・石橋 直也・三友 英紀・
佐々木 高信・野々村 遼・大島 穣・近藤 丘・田畑 俊治
対策型検診における先進国型の子宮頸がん検診プログラム
 わが国の現状と課題
齊藤 英子・森定 徹・雑賀 公美子
大腸がん死亡率減少につながる大腸がん検診のあり方
松田 一夫
マンモグラフィ検診の偽陰性の観点から見た高濃度乳房問題
 乳房構成に関する情報提供
笠原 善郎



■視点
公衆衛生と多職種連携-精神保健の視点から
吉益 光一



●衛生行政キーワード・136
わが国のがん対策におけるがん検診の位置付け
堤 翼
●リレー連載・列島ランナー・132
ゆずカフェってなに?-改善につなげる事業評価の実践
本間 隆之
●予防と臨床のはざまで・191
文天シンポジウム「参加率向上の起爆剤」
福田 洋
●映画の時間
名もなき生涯
桜山 豊夫