医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

心エコー 2017年8月号【電子版】

実例で学ぶ心エコー手法の適材適所

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/08/24
ページ数
116ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,970 (本体¥2,700+税10%)

印刷版ISSN
1345-4951
印刷版発行年月
2017/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
46 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

実例で学ぶ心エコー手法の適材適所
特集は「実例で学ぶ心エコー手法の適材適所」.左室計測─Mモード?2D?3D?/左室収縮能─EF?GLS?/拡張能─ガイドラインは活かされているか?/肺動脈圧評価─やっぱりカテが必要?/右室収縮能─いつ誰に何を用いて評価する?/弁逆流─カラードプラ法?定量法?/大動脈弁狭窄症─負荷エコーは誰にする?/僧帽弁逆流─負荷心エコーは誰にする?/感染性心内膜炎疑い─TEEは誰にする? などを取り上げる.

目次

【特集】
●左室計測─Mモード?2D?3D?/川崎俊博・兵頭永一
●左室収縮能─EF?GLS?/山田 聡・加賀早苗
●拡張能─ガイドラインは活かされているか?/楠瀬賢也
●肺動脈圧評価─やっぱりカテが必要?/杜 徳尚
●右室収縮能─いつ誰に何を用いて評価する?/山野倫代・山野哲弘
●弁逆流─カラードプラ法?定量法?/伊東風童・阿部幸雄
●大動脈弁狭窄症─負荷エコーは誰にする?/加藤奈穂子・柴山謙太郎
●僧帽弁逆流─負荷心エコーは誰にする?/佐々木俊輔
●感染性心内膜炎疑い─TEEは誰にする?/松谷勇人・泉 知里
●提言:Focused Cardiac Ultrasound(FoCUS)のあり方/納冨雄一
●心エコーを学ぶための講習会・研究会案内2017夏
【連載】
<症例問題>WEB連動企画
●スクリーニング心エコー検査時に心室中隔奇異性運動を指摘された1例/竹内泰代