医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

CPX・運動療法ハンドブック 改訂3版【電子版】

心臓リハビリテーションのリアルワールド

安達 仁 (編著)

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/09/24
ページ数
300ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,696 (本体¥6,200+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-06716-5
印刷版発行年月
2015/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
1614 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

心肺運動負荷試験と運動療法を“リアル”に解説して好評を得たテキストの3版.今回は全ての記述を一新し,運動中の病態を詳述.より深く心血管疾患の病態が理解できる.

目次

第1章 CPXの目的 〈安達 仁〉
 1 CPX で何がわかるか,誰にできるか
 2 CPX 中の測定項目
 3 CPX の目的
  A 運動耐容能評価
  B 運動処方作成・日常活動指導
  C 息切れの鑑別
  D 虚血重症度の判定・労作性狭心症治療方針決定
  E 慢性心不全の病態解明・重症度把握・治療法決定
  F ペースメーカー至適モードの設定
  G 心不全における僧房弁置換術(MVR)/形成術(MVP)の治療効果の予測

第2章 CPXの準備 ─ハード面─ 〈小林康之〉
 1 呼気ガス分析装置
  A ガス分析計の校正(キャリブレーション)
  B 流量計の校正(キャリブレーション)
  C 日常管理(精度管理)
  D 呼気ガス分析器の検定
 2 負荷装置
  A サイクルエルゴメータ
  B トレッドミル
 3 フェイスマスクとマウスピース
  A フェイスマスク
  B マウスピース
 4 室内環境
  A 緊急事態への準備
 5 呼気ガス分析装置のモニタ画面の設定

第3章 CPXの準備─ソフト面─ 〈上田正徳〉
 1 電極の貼りかた
  A 事前準備
  B 電極とコード
  C 誘導法
 2 検査の説明
 3 運動負荷試験の禁忌
 4 運動負荷試験中止基準
 5 心電図異常陽性基準
  A ST-T 変化
  B 不整脈
 6 負荷試験中の注意点─呼吸法,漏らさないコツ─
  A 呼吸法
  B 顔の向き(センサの向き)
 7 ウォームアップ,クールダウンの意味
 8  患者の異常と考える前に─おしゃべり,呼気ガス分析装置の異常─
 9 運動中の心拍出量および血管拡張能の測定

第4章 運動中の血行動態と血流分配 〈安達 仁〉
 1 心拍数
 2 心拍出量・心収縮能・心拡張能
 3 肺動脈楔入圧・肺動脈圧
 4 血流分配

第5章 ランプ負荷試験の実際 〈安達 仁〉
 1 ランプ負荷強度設定法
 2 安静時にみるべきポイント
  A 心電図,血圧
  B 心拍数
  C 酸素摂取量(VO2)
  D 二酸化炭素排出量(VCO2)・ガス交換比(R)
  E VE/VCO2
 3 ウォームアップ
  A 持続時間と強度決定法
  B 酸素摂取量(phase Ⅰ,phase Ⅱ,τon)
  C VE/VO2,VE/VCO2 の変化
  D 心拍応答
 4 ランプ負荷中に得られる指標
  A 酸素摂取量
  B 最高酸素脈(peak VO2/HR,oxygen pulse)
  C VE/VO2,VE/VCO2
  D VE vs. VCO2 slope
  E PETCO2,PETO2
  F TV-RR 関係
  G RR threshold
  H Ti/Ttot
  I 呼吸予備能(breathing reserve)
  J SpO2
  K Oscillatory ventilation
  L OUES
 5 回復期
  A VO2/HR のjump up phenomenon(ジャンプアップ現象)
  B VO2(τoff)

第6章 9 パネルの読みかた 〈安達 仁〉
 パネル3 VO2,VCO2
 パネル5 V スロープ
 パネル6 VE/VCO2,VE/VO2 のトレンドグラフ
 パネル2 VO2/HR とHR
 パネル8 ガス交換比(R)
 パネル4 VE vs. VCO2 slope
 パネル9 ETCO2,ETO2 のトレンドグラフ
 パネル1 VE
 パネル7 TV/VE slope

第7章 パラメーターの総合的解釈 〈安達 仁〉
 1 運動耐容能の指標
 2 総合的解釈
  A 運動耐容能
  B 心ポンプ機能
  C 息切れ感
  D %peak VO2 と%VE/VCO2 の関係
  E VE/VCO2 とVE vs. VCO slope

第8章 疾患・病態別のCPX 〈安達 仁 村田 誠〉
 1 虚血性心疾患
 2 心不全
 3 不整脈(発作性心房細動と心室頻拍)
 4 肺高血圧症
 5 R-L シャント
 6 成人先天性心疾患
 7 CRT-D 設定不全

第9章 運動処方 〈安達 仁〉
 1 AT 処方
  A AT 決定法と運動処方
  B AT が決定不能な場合の運動処方
  C 自転車エルゴメータとトレッドミルの対比
 2 心拍処方(Karvonen の式)
 3 自覚的運動強度による処方
 4 トークテストによる処方(坂道が多い地域での運動処方)
 5 RR threshold を用いた運動処方
 6 重症心不全への処方
 7 不整脈患者への処方
 8 ICD,CRT-D 患者への処方
 9 ポジティブリモデリングと運動処方
 10 HR<110 の勧め
 11 運動処方レベルの確認法

第10 章 運動療法実施法リアルワールド
 1 心筋梗塞 〈設楽達則〉
  A 発症から運動療法までの流れ
  B リスク管理
  C メディカルチェック
  D ウォームアップ
  E 有酸素運動
  F レジスタンストレーニング
  G クールダウン
  H 維持期(phase Ⅲ)心臓リハビリについて
 2 狭心症 〈安達 仁〉
  A 狭心症の至適治療
  B 運動療法の効果と危険性
  C 運動療法実施法
  D 運動療法実施時の注意点
  E PCI 施行後の狭心症に対する心臓リハビリ
 3 開心術後 〈鳥越和哉〉
  A 開心術後のリハビリ
  B 【Phase Ⅰ:急性期】術後1 週間:個別プログラム
  C 【Phase Ⅱ:回復期】術後2~3 週間:個別プログラム
  D 【Phase Ⅱ:回復期】退院まで:集団プログラム
  E 【Phase Ⅲ:維持期】外来プログラム
  F 開心術後のレジスタンストレーニングについて
 4 心不全,LVAS 植込み患者
  A 心不全に対する心臓リハビリの効果
  B 心不全患者に対する運動療法導入期の注意点
  C 心不全患者介入の実際
  D 個別運動療法
  E 近監視~遠監視型の運動療法
  F LVAS(Left Ventricular Assist System)のリハビリ
  G LVAS 装着者のリハビリの目的
  H LVAS 使用者のリハビリの実際
  I 心臓リハビリ室でのリハビリ
  J 外来リハビリ
  K 加圧トレーニング
 5 ICD,CRT-D植込み術後 〈猪熊正美〉
 6 糖尿病 〈設楽達則〉
  A 運動処方
 7 成人先天性心疾患 〈猪熊正美〉
  A 心不全
  B 不整脈
  C チアノーゼ性心疾患の患者の合併症
  D 肺高血圧
 8 慢性腎臓病 〈猪熊正美〉
 9 高齢者 〈鳥越和哉〉
  A 高齢者の心臓リハビリの効果
  B 高齢者の心臓リハビリの実際
  C 当院での高齢者に対する心臓リハビリ

第11章 CPXの実例 〈伴野潤一 安達 仁〉
 1 正常1
 2 正常2
 3 重症肥満
 4 重症糖尿病
 5 低体力(骨格筋の著明な萎縮)
 6 トレーニングされた健常者
 7 狭心症(多枝のびまん性病変,冠動脈バイパス術前・後)
 8 狭心症(末梢病変)
 9 広範囲心筋梗塞(peak CPK 9,757 IU/L) 発症3 カ月目
 10 拡張型心筋症
 11 大動脈弁閉鎖不全症
 12 僧房弁閉鎖不全症
 13 僧房弁狭窄症
 14 心房中隔欠損症
 15 肺気腫
 16 LVAS 植込み術後

第12章 呼気ガス分析装置 ミナトAE 310S解析手順 〈安達 仁〉
 1 AT の決定
 2 各区間の決定
 3 VE vs. VCO2 slope の決定,印刷
 4 VE/VO2-VE/VCO2 関係の表示されたグラフの印刷
 5 HR-V O2 関係の回帰
 6 TV/RR slope の回帰
 7 Ti/Ttot の評価
 8 RR 曲線の評価
 9 エネルギー消費量の評価
Appendix 心電図 〈安達 仁〉
略語集 〈上田正徳〉
索引