医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

総合リハビリテーション Vol.47 No.3【電子版】

2019年03月発行

特集 介護ロボットの開発と普及

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1340
電子版発売日
2019/03/18
ページ数
104ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,484 (本体¥2,300+税8%)

印刷版ISSN
0386-9822
印刷版発行年月
2019/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
46 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

特集 介護ロボットの開発と普及 超高齢社会を迎え,自立支援や介護者の負担軽減を目的とした福祉用具においても,ロボット技術を応用した機器の開発が盛んに行われています.経済産業省から示されたロボット新戦略のアクションプランでは,2020年までに介護ロボットの国内市場規模を500億円に拡大する,ロボットを用いて介護者が腰痛を引き起こすハイリスク機会をゼロにする,新しい介護方法などの意識改革を行うといった目標が掲げられています.しかし,国内介護ロボット分野の市場規模は,統計による差はあるもののまだ低いレベルにとどまり,また他の目標の達成も簡単ではないと思われます.とはいえ,多額の研究費などが投入され,行政も力を入れている分野であることは確かです.有用なロボットの開発とその普及は,われわれリハビリテーション関係職にとっても,また日本の産業全体にとっても期待されることと考えます.本特集は,ロボット開発と普及に携わるさまざまな立場から,介
護ロボットの開発と普及についての現状と課題を解説していただくことを目的に,企画しました.

目次

ロボット介護機器の開発と普及促進に関する行政の支援策
櫛引 圭子
ロボット介護機器開発のための基準策定
本間 敬子・他
福祉用具・介護ロボットに係る実用化支援
五島 清国
製品開発-見守りロボット(眠りSCAN®)の経験から
木暮 貴政
介護ロボット(移乗介助)の老人福祉施設への導入支援
粂田 哲人・他

>>> 「今月のハイライト」こちら(PDFファイル)
特集の各論文の概要をご紹介しています



●巻頭言
当事者の歴史的トラウマに向き合うとは
茨木 尚子
●入門講座
リハビリテーション医療のエビデンス-回復期リハビリテーション
 回復期リハビリテーションのエビデンス
徳永 誠・他
●実践講座 義足歩行を見据えた下肢切断術
断端ケア
戸田 光紀
●研究と報告
Hand-Held Dynamometerにおけるベルト固定法とH固定法の検討比較
 -高齢整形外科術後患者を対象とした検者内および検者間信頼性の検討
谷頭 幸二・他
●症例報告
聴覚言語性記憶を活用した学習障害児童に対する
 漢字書字指導が学習過程および情報処理過程において果たす役割
 -単一事例実験計画法に基づいた実験的検証から
多田 智絵・他
●紹介
外来におけるがん患者周術期サポートチーム(STRONG)の取り組み
 -医科歯科連携の推進をめざして
高橋 忠志・他
●リハビリテーション医療に必要な薬物治療
高血圧
小森 孝洋・他
●生理検査レポートのみかた
心電図の読み方
白石 裕一
●Sweet Spot 文学に見るリハビリテーション
千家元麿の『霰』-戦前の精神科病院批判
高橋 正雄
●Sweet Spot 映画に見るリハビリテーション
「ボヘミアン・ラプソディ」
 -クイーンなんて知らないよ,でも,風体・人種・性指向・エイズを超える音楽芸術
二通 諭
●私の3冊
増田 知子