医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

総合リハビリテーション Vol.47 No.8【電子版】

2019/08/09

特集 摂食嚥下リハビリテーションの未来 各専門職に何ができるか

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1340
電子版発売日
2019/08/26
ページ数
104ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,484 (本体¥2,300+税8%)

印刷版ISSN
0386-9822
印刷版発行年月
2019/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
46 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 摂食嚥下リハビリテーションの未来 各専門職に何ができるか 摂食嚥下障害は多くの患者・高齢者にみられる症状であり,病院,施設,在宅,擁護教育の現場など あらゆる臨床場面で,摂食嚥下障害への対応が行われています.リハビリテーションに関連するどの専 門職種の業務のなかでも,摂食嚥下障害に対応することが重要な部分を占めつつあります.そこで,日 ごろは注目されることの少ない理学療法士,作業療法士も含めた,各専門職の方々に,その職種におけ る摂食嚥下障害分野への取り組みについて,どのような特色を有し,力を発揮できるのか紹介いただき ました.今までは,「摂食嚥下障害は自分とは関係ない」と考えていた方も,ぜひ自分の職域のなかで, 摂食嚥下障害に対応していただけると幸いです.

目次

理学療法士にできること
吉田 剛
作業療法士にできること
植田 友貴
言語聴覚士にできること
長谷川 賢一
看護師にできること
浅田 美江
管理栄養士にできること
小城 明子
歯科の立場から
渡邊 裕

>>> 「今月のハイライト」こちら(PDFファイル)
特集の各論文の概要をご紹介しています



●巻頭言
外科的リハビリテーション
真野 英寿
●入門講座 リハビリテーション医療のエビデンス-理学療法
筋力低下
山田 実
●実践講座 障害者家族への心理的サポート
発達障害
原 仁
●短報
脳卒中による水平眼球運動障害の予後と脳画像所見についての検討
渡部 喬之・他
●症例報告
外来のHANDS療法(HANDS-out)により上肢機能改善を認めた1例
廣瀬 卓哉・他
心臓リハビリテーションにおいて酸素摂取量を基にしたIADL評価・動作指導が奏効した1症例
森 里美・他
●リハビリテーション医療に必要な薬物治療
排便障害(便秘症)
三澤 昇・他
●生理検査レポートのみかた
平衡機能検査
田口 周・他
●ICF活用の実際と展望
臨床応用
向野 雅彦
●Sweet Spot 文学に見るリハビリテーション
夏目鏡子の『漱石の思ひ出』-躁的な要素
高橋 正雄
●Sweet Spot 映画に見るリハビリテーション
「かぞくへ」-家族意識醸成の源泉となる原体験としての「養護施設」
二通 諭
●私の3冊
織田 靖史
●学会報告
第47回中国四国リハビリテーション医学研究会
徳田 佳生