医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

総合リハビリテーション Vol.47 No.2【電子版】

2019年02月発行

特集 脳卒中診療とデータベース

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1340
電子版発売日
2019/02/18
ページ数
104ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,484 (本体¥2,300+税8%)

印刷版ISSN
0386-9822
印刷版発行年月
2019/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
30 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

特集 脳卒中診療とデータベース 脳卒中患者数増加とともに,リハビリテーション医療を含む脳卒中医療費は増加の一途をたどっており,限られた医療費のなかで良質な医療を提供するために,脳卒中診療の体制整備や効率化が求められています.医療データベース(database;DB)をもとにしたビッグデータの活用などが進められ,脳卒中診療においても医療の質の評価(quality indicator;QI)の導入が検討されています.今回,研究あるいは事業として進められている脳卒中DB登録について,リハビリテーション関連職種も知っておくべき脳卒中DBを取り上げ,今後の普及や活用に向けた特集を企画しました.折しも,特集内でも触れられているDB登録事業の法整備につながる「脳卒中・循環器病対策基本法」が国会で可決,成立したというビッグニュースが舞い込んできました(2018年12月).わが国の脳卒中診療が大きく変わる前触れのように感じています.

目次

脳卒中患者のデータベース
林 尊弘・他
日本脳卒中データバンク
石上 晃子・他
J-ASPECT study
連 乃駿・他
福岡脳卒中データベース研究
佐藤 倫子・他
日本リハビリテーション・データベース
徳永 誠・他
脳卒中診療におけるDPCデータの活用
金沢 奈津子・他

>>> 「今月のハイライト」こちら(PDFファイル)
特集の各論文の概要をご紹介しています



●巻頭言
私の「医学論文=芸術」論
小山 哲男
●入門講座 リハビリテーション医療のエビデンス:回復期リハビリテーション
回復期リハビリテーション病棟の現状
後藤 伸介・他
●実践講座 義足歩行を見据えた下肢切断術
血管・神経・骨の処理
木下 篤
●研究と報告
カーフレイズにおける上肢支持量,足関節角度が下腿三頭筋活動量に与える影響
脇野 俊貴・他
●短報
日本版ADL-focused Occupation-based Neurobehavioral Evaluation(A-ONE)の
 Rasch分析を用いた内的妥当性の検討
東 泰弘・他
●紹介
高齢者の膀胱直腸リハビリテーションの実践
細川 雄平・他
●補装具支給・判定Q&A
借受けが可能な補装具にはどのようなものがありますか?
樫本 修
●リハビリテーション医療に必要な薬物療法
脳卒中後うつ
岡田 和悟・他
●Sweet Spot 文学に見るリハビリテーション
川端康成の『山の音』-MCI(軽度認知障害)者の心理
高橋 正雄
●Sweet Spot 映画に見るリハビリテーション
「生きてるだけで,愛」-鬱・過眠症に苛まれる女性の生活困難を描く
二通 諭
●私の3冊

岡本 隆嗣
●学会報告
第85回神奈川リハビリテーション研究会
小田 芳幸