医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

総合リハビリテーション Vol.46 No.7【電子版】

2018年7月号

特集 脳の画像による予後予測

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1340
電子版発売日
2018/07/16
ページ数
104ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,484 (本体¥2,300+税8%)

印刷版ISSN
0386-9822
印刷版発行年月
2018/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
30 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 脳の画像による予後予測 頭部コンピュータ断層撮影法(computed tomography;CT)や核磁気共鳴画像法(magnetic resonance imaging;MRI)などの脳画像の発展はめざましく,機能障害を理解するうえで重要な位置を占め,リハビリテーションに従事する者が必ず確認すべきものとなっています.一方,病巣の局在や障害部位の大きさなど脳画像から得られる情報は,予後予測にも有用であると期待されますが,まだ画像所見を用いて予後を検討することは臨床場面で一般的に行われているとはいえない状況です.そこで本特集は,臨床場面で撮像された脳画像から,運動機能,言語機能,嚥下障害の予後,および高次脳機能障害の予後を予測する際に評価すべき病巣の局在や広がり,画像上の特徴について解説いただきました.

目次

脳卒中の病巣解析による予後予測の動向
服部 憲明・他
運動機能障害の予後予測-脳卒中患者の拡散テンソル画像FA値の有用性
小山 哲男
言語機能障害(失語症)の予後予測
中川 良尚
嚥下障害の予後予測
谷口 洋
高次脳機能障害の予後予測
上久保 毅

>>> 「今月のハイライト」こちら(PDFファイル)
特集の各論文の概要をご紹介しています



●巻頭言
30年たってみて
田代 桂一
●入門講座 リハビリテーション従事者のための論文の検索・収集・整理の仕方
各論 文献管理ソフトの使い方
村岡 香織
●研究と報告
大腸がん手術患者における術前フレイル評価の有効性
大崎 敬之・他
回復期リハビリテーション病棟で働く作業療法士の職業的アイデンティティの分析
中本 久之・他
●症例報告
ロボットスーツHAL®の導入により平行棒内自由歩行が改善した
 慢性期胎児性水俣病患者の1例
中村 篤・他
●職業リハビリテーション関連機関の知識
就労継続支援事業A型
田代 知恵
●災害と医療体制
DMAT(Disaster Medical Assistance Team)
小井土 雄一
●補装具支給・判定Q & A
Q:特例補装具とは何ですか?
高岡 徹
●Sweet Spot 文学に見るリハビリテーション
小林美代子の『髪の花』-精神障害者の自己受容
高橋 正雄
●Sweet Spot 映画に見るリハビリテーション
「グレイテスト・ショーマン」-19世紀マイノリティ芸人の世界をミュージカルで描く
二通 諭
●私の3冊
百崎 良
●学会報告
第83回神奈川リハビリテーション研究会
真野 英寿