医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

総合リハビリテーション Vol.46 No.2【電子版】

2018年02月号

特集 脳卒中のリハビリテーション処方

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1340
電子版発売日
2018/02/19
ページ数
104ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,484 (本体¥2,300+税8%)

印刷版ISSN
0386-9822
印刷版発行年月
2018/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
28 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 脳卒中のリハビリテーション処方 2000年に回復期リハビリテーション病棟の制度が創設され,脳卒中回復期における医学的リハビリテーションは少なくとも量的には整備されてきました.しかしその内容は千差万別であり,また急性期と生活期のリハビリテーションには課題が山積しています.本特集は,脳卒中のリハビリテーション処方に焦点を当て,リハビリテーション科専門医の立場から,処方箋(依頼箋)にどのようなことを記載して情報共有し,リハビリテーション計画を立案・推進すべきなのかを考えることを目的に企画しました.

目次

■急性期(1)
地域急性期病院における取り組み
瀬田 拓
■急性期(2)
脳卒中発症早期のリハビリテーション処方
幸田 剣
■回復期(1)運動機能障害主体
回復期リハビリテーションにおけるリハビリテーション処方のありかた
補永 薫
■回復期(2)高次脳機能障害主体(失語症含む)
脳卒中回復期における高次脳機能障害のリハビリテーション処方
原 寛美
■生活期(1)自立訓練(機能訓練)事業
障害者福祉制度におけるリハビリテーション処方
杉原 勝宣
■生活期(2)外来リハビリテーション
生活期における外来リハビリテーション処方
佐久川 明美
■生活期(3)地域・在宅リハビリテーション
地域・在宅におけるリハビリテーション処方
高岡 徹

>>> 「今月のハイライト」こちら(PDFファイル)
特集の各論文の概要をご紹介しています



●巻頭言
社会参加を支援する街づくりへの道程
酒向 正春
●入門講座 認知症の画像診断
認知症診療における脳血流SPECT
乾 好貴・他
●実践講座 乳幼児健診
4歳児,5歳児健診のポイント-子どもの発達に焦点をあてて
田中 恭子
●実践講座 脳卒中患者の体力評価
筋持久力の評価
伊藤 倫之



●研究と報告
浮き趾に対する足趾把持機能向上インソールの介入効果
村田 伸・他
脳卒中患者における座位Index of Postural Stabilityの信頼性と妥当性
 およびADLとの関連性
畑中 康志・他
●症例報告
重症心身障害児・者に対する嚥下造影検査と家族へのかかわり
高尾 智也・他



●職業リハビリテーション関連知識
特例子会社と関連施策への理解
小牧 啓太
●患者会・支援団体の活動
一般社団法人日本ALS協会
真下 貴久
●Sweet Spot 文学に見るリハビリテーション
坂口安吾の『夜長姫と耳男』-障害あるがゆえの傑作
高橋 正雄
●Sweet Spot 映画に見るリハビリテーション
「泥棒役者」-<発達障害化する社会>を見据えながら<いい人論>を構築する
二通 諭
●私の3冊
仲地 宗幸