医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

総合リハビリテーション Vol.47 No.9【電子版】

2019年09月発行

特集 回復期リハビリテーション病棟退院後の戦略 生活機能の向上をめざして

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1340
電子版発売日
2019/09/23
ページ数
112ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,530 (本体¥2,300+税10%)

印刷版ISSN
0386-9822
印刷版発行年月
2019/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
40 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 回復期リハビリテーション病棟退院後の戦略 生活機能の向上をめざして 日本のリハビリテーションの特徴の 1 つとして,比較的長期の入院リハビリテーションにより達成さ れる高い機能・日常生活動作(activities of daily living;ADL)の達成が挙げられます.その一方,回復期 リハビリテーション病院退院後にその機能・ADL を維持することができない,難しいという不安を患者 が感じていることも指摘されています.そこで今回は,回復期リハビリテーション病院退院後に,機能 や能力を高く保つ,もしくは在宅でさらに改善させていくために,入院中から何を行うべきか,外来診 療や在宅サービスとどう連携していくかなどについて,それぞれの立場からご解説いただきました.

目次

総論-回復期リハビリテーション病棟入院中の在宅生活に向けた準備
新城 吾朗
歩行能力の維持・向上
松原 徹
上肢機能・ADL・IADLの維持,向上
田中 克一・他
摂食嚥下機能の維持・向上
藤森 貴久・他
高次脳機能の維持・改善と復職支援
大塚 恵美子

>>> 「今月のハイライト」こちら(PDFファイル)
特集の各論文の概要をご紹介しています



■特別記事
【座談会】東京2020パラリンピック-そして次の時代
出席者:中森 邦男・青木 隆明・
宮地 秀行・板倉 尚子
司会:藤谷 順子



●巻頭言
総合リハビリテーションとしての運転支援
藤田 佳男
●入門講座 リハビリテーション医療のエビデンス-作業療法
わが国における作業療法の変遷-人は作業をすることで元気になれる,健康になれる
中村 春基・他
●実践講座 障害者家族への心理的サポート
神経難病-筋萎縮性側索硬化症患者・家族への支援を通して
今井 尚志・他
●実践講座 嚥下調整食の選び方
学会分類2013の選び方
藤谷 順子
●研究と報告
地域在住高齢女性の歩数および強度別身体活動量が足趾把持力に及ぼす影響
 -パス解析モデルを用いた検討
小林 薫・他
座位姿勢の相違が車椅子両側上肢駆動と片側下肢駆動に及ぼす影響
茂内 卓・他
●リハビリテーション医療に必要な薬物治療
認知症
吉山 顕次
●ICF活用の実際と展望
既存の評価尺度とICFの対応
小松 雅代
●Sweet Spot 文学に見るリハビリテーション
蒲原有明の『夢は呼び交す』-高齢期の聴覚障害
高橋 正雄
●Sweet Spot 映画に見るリハビリテーション
「ぼけますから、よろしくお願いします。」-現代日本で80代・90代を生きるということ
二通 諭
●私の3冊
渡辺 長