医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

総合リハビリテーション Vol.48 No.2【電子版】

2020年02月発行

特集 回復期リハビリテーションに求められるもの

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1340
電子版発売日
2020/02/17
ページ数
104ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,530 (本体¥2,300+税10%)

印刷版ISSN
0386-9822
印刷版発行年月
2020/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
42 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 回復期リハビリテーションに求められるもの 回復期リハビリテーション病棟は,脳血管疾患 や大腿骨頸部骨折などの患者に対し,日常生活活動 (activities of daily living;ADL)の向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目的に,リハビリテーション を集中的に行うための病棟として2000年に制度化された.そして,その病床数は年々増加し続け,現 在は 85,000床を超えている.回復期リハビリテーション病棟では,退院後の患者・家族の生活を総合的 に想定し,それらが生活期のなかでどのように変容し,どのような対策・支援が必要となるのか,地域 リハビリテー ションの観点から学際的に検討・計画される必要がある.  本特集では,それら回復期リハビリテーションの質の向上をはかるために何がなされるべきか,各分 野の専門家に,その現状と課題を解説していただいた.

目次

医師のマネジメント
菅原 英和
スタッフ教育
竹内 茂伸,他
病院機能評価
宮井 一郎
退院支援と退院後のフォローアップ
岡本 隆嗣,他
現状の課題と展望
三橋 尚志

>>> 「今月のハイライト」こちら(PDFファイル)
特集の各論文の概要をご紹介しています



●巻頭言
義肢装具と補装具借受け制度-筋電義手の取り組みを通して
横山 修
●入門講座 リハビリテーション医療のエビデンス-言語聴覚療法
音声障害-音声障害の行動学的治療(音声治療)に関するエビデンス
城本 修
●実践講座 ケースレポート―脳損傷の在宅リハビリテーション
片麻痺-家庭内役割の再獲得を目指した訪問リハビリテーション
冨山 陽介
●短報
体幹に対するrhythmic stabilizationが静的立位・動的立位・歩行のバランスに及ぼす影響
高橋 柚伎,他
●症例報告
新たな自助具の考案により食事動作が自立した不全四肢麻痺を呈した1症例
佐藤 岬,他
●集中講座 評価法の使い方 シリーズ1 総論(1)
評価法の選択
青柳 潤,他
●海外留学・国際交流のすすめ
言語聴覚士の立場から
稲本 陽子
●Sweet Spot 文学に見るリハビリテーション
増田幸治作詞・吉田正作曲の『異国の丘』-戦後復興期の日本人を支えた名曲
高橋 正雄
●Sweet Spot 映画に見るリハビリテーション
「星に語りて~Starry Sky~」-東日本大震災,「消えた障害者」はどこへ行った?
二通 諭