医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

総合リハビリテーション Vol.46 No.3【電子版】

2018年03月号

特集 訪問リハビリテーション

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1340
電子版発売日
2018/03/26
ページ数
104ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,484 (本体¥2,300+税8%)

印刷版ISSN
0386-9822
印刷版発行年月
2018/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
36 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

特集 訪問リハビリテーション 訪問リハビリテーションは生活期のリハビリテーションに位置づけられ,高齢者のリハビリテーションなど地域包括ケアシステムにおいても重要なサービスと考えられています.医療保険および介護保険制度において,医療機関からの提供のほか,訪問看護ステーションからの療法士の訪問サービスも訪問看護の一環として実施されています.その効果などエビデンスに関するデータが不足していること,担当スタッフの質の担保,地域格差などの問題も指摘されています.今回,現在の訪問リハビリテーションの状況を俯瞰し,都市部から地方に至る各地域レベルでの活動の実際をご紹介いただく特集を企画しました.

目次

訪問リハビリテーションの現状と課題
宮田 昌司
大都市における活動の実際
堀田 富士子
中規模都市における活動の実際
山永 裕明・他
鳥取県西部地域の現状
角田 賢
震災地における活動の実際
松井 一人

>>> 「今月のハイライト」こちら(PDFファイル)
特集の各論文の概要をご紹介しています



●巻頭言
西高東低!?~思えば遠くへ来たものだ
松元 秀次
●入門講座 認知症の画像診断
MIBG心筋シンチグラフィとドパミントランスポーターシンチグラフィ
小松 潤史・他
●実践講座 乳幼児健診
子どものヘルススーパービジョンとしての健診-米国のBright Futuresを参考に
田中 恭子
●実践講座 脳卒中患者の体力評価
全身持久力の評価
伊佐地 隆



●症例報告
歩行練習アシスト(GEAR)を使用し早期に歩行獲得に至った脳卒中重度片麻痺例
大島 埴生・他
●調査
介護予防と生活支援の観点からみた自治会互助活動の現状
高井 逸史・他
●紹介
顔面麻痺に対するスプリントの治療効果
塩川 剛弘・他



●職業リハビリテーション関連機関の知識
障害者職業センター
田代 知恵
●患者会・支援団体の活動
(公社)全国脊髄損傷者連合会の活動とリハビリテーション
大濱 眞
●Sweet Spot 文学に見るリハビリテーション
ヒルティの『病める魂』-法学者による病跡学-
高橋 正雄
●Sweet Spot 映画に見るリハビリテーション
「あゝ荒野 前篇・後篇」
 -ボクシングと吃音障害という寺山修司の世界を近未来に立ち上げる
二通 諭
●私の3冊
根本 明宜
●学会印象記
第40回総合リハビリテーション研究大会
菊地 尚久