医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

胃と腸 Vol.57 No.2【電子版】

2022年2月発行

主題 炎症性腸疾患の粘膜治癒を再考する

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1219
電子版発売日
2022/02/14
ページ数
112ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,520 (本体¥3,200+税10%)

印刷版ISSN
0536-2180
印刷版発行年月
2022/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
444 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

主題 炎症性腸疾患の粘膜治癒を再考する 消化管の形態診断学を中心とした専門誌。毎月の特集では最新の知見を取り上げ、内科、外科、病理の連携により、治療につながる診断学の向上をめざす。症例報告も含め、消化管関連疾患の美麗なX線・内視鏡写真と病理写真を提示。希少疾患も最新の画像で深く学べる。年1回増刊号を発行。 (ISSN 0536-2180)

目次

■序説
粘膜治癒――炎症性腸疾患の治療ターゲットとしての問題点

■主題
炎症性腸疾患の治療ターゲットとしての病理組織学的所見の位置付け
八尾 隆史・他

潰瘍性大腸炎における粘膜治癒評価の意義
 ――通常内視鏡の立場から
 長沼 誠・他

 ――画像強調内視鏡の立場から
 上村 修司・他

 ――超拡大内視鏡の立場から
 工藤 進英・他

 ――大腸カプセル内視鏡の立場から
 細江 直樹・他

Crohn病における小腸粘膜治癒評価の意義
 ――X線の立場から
 久能 宣昭・他

 ――バルーン内視鏡の立場から
 大塚 和朗・他

 ――小腸カプセル内視鏡の立場から
 中村 正直・他

Crohn病における全層性炎症評価の意義
 ――MREの立場から
 佐上 晋太郎・他

■主題研究
Artificial intelligenceを用いた潰瘍性大腸炎における粘膜治癒評価
仲瀬 裕志・他

ノート炎症性腸疾患のバイオマーカー
新﨑 信一郎・他

●早期胃癌研究会
症例健常高齢者に発症し,巨大な深掘れ打ち抜き潰瘍および長い偽腔形成を伴う多彩な画像所見を呈したサイトメガロウイルス食道病変の1例
木下 真樹子・他