医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

胃と腸 Vol.55 No.2【電子版】

2020年02月発行

主題 潰瘍性大腸炎関連腫瘍 診断・治療の現状と課題

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1219
電子版発売日
2020/02/10
ページ数
112ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,520 (本体¥3,200+税10%)

印刷版ISSN
0536-2180
印刷版発行年月
2020/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
274 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

主題 潰瘍性大腸炎関連腫瘍 診断・治療の現状と課題 -

目次

■序説
潰瘍性大腸炎関連腫瘍-診断・治療の現状と課題
田中 信治
■主題
通常内視鏡による潰瘍性大腸炎関連腫瘍診断の現状と課題
小林 清典・他
拡大内視鏡による潰瘍性大腸炎関連腫瘍診断の現状と課題-初期病変を中心に
岩男 泰・他
超拡大内視鏡による潰瘍性大腸炎関連腫瘍診断の現状と課題
小形 典之・他
潰瘍性大腸炎関連腫瘍に対する内視鏡治療の適応とピットフォール
松井 啓・他
潰瘍性大腸炎関連腫瘍に対する内視鏡治療-私はこう考える
江崎 幹宏・他
浦岡 俊夫・他
斎藤 豊・他
八尾 隆史・他
林 宏行・他
潰瘍性大腸炎関連腫瘍に対する外科治療の現状と課題
池内 浩基・他
■主題関連研究
潰瘍性大腸炎に対するサーベイランス
 -SCENIC international consensus statementの概要と問題点
松本 主之・他
■主題症例
EUSが診断の契機となった潰瘍性大腸炎関連大腸癌の1例
清水 誠治・他
■ノート
UC関連腫瘍の内視鏡所見分類に関する多施設共同研究(NAVIGATOR Study 2)の紹介
渡辺 憲治・他
■トピックス
IBD前癌病変(dysplasia)分類における日本と欧米の比較と新WHO分類について
岩谷 舞・他