医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

JOHNS32巻9号【電子版】

2016年9月号

【特集】私はこうしている-耳科手術

出版社
東京医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/01/22
ページ数
340ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,500 (本体¥5,000+税10%)

印刷版ISSN
0910-6820
印刷版発行年月
2016/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
76 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

【特集】私はこうしている-耳科手術

目次

特集/ 私はこうしている-耳科手術編
【序】私はこうしている-耳科手術編 1067
【耳科手術全般】
 耳科手術のための画像検査 1069
 耳科手術のための検査 1073
 耳科手術のための重要な局所解剖 1077
 耳科手術の術前シミュレーション 1082
 耳科手術のインフォームド・コンセント 1087
 耳科手術の術前管理 1090
 耳科手術の局所麻酔 1093
 顕微鏡と内視鏡の使い分け
  主に顕微鏡の立場から 1095
  主に内視鏡の立場から 1099
 切開法の要点 1105
 乳突削開術とposterior tympanotomy 1110
 耳科手術の形成資材とその採取法 1113
 耳科手術における止血材料・機器の使い方 1117
 耳科手術における神経モニタリング 1121
 耳科手術におけるナビゲーション 1127
 耳科手術の術後管理 1131
 感染耳に対する工夫と注意 1135
 耳科手術合併症に対するトラブルシューティング 1139
【外耳手術】
 耳介奇形 1143
 外耳道狭窄 1147
 外耳道真珠腫 1151
 外耳道良性腫瘍とサーファーズイヤー 1155
 先天性外耳道閉鎖症-外耳道形成の立場から 1159
【中耳手術】
 鼓膜切開術と鼓膜換気チューブ留置術 1163
 耳管の手術 1167
 鼓膜形成術 1171
 鼓室形成術I・II 型 1175
 鼓室形成術III・IV 型 1179
 鼓索神経の取り扱い 1183
 鼓膜lateral healing に対する処置 1187
 後天性真珠腫性中耳炎
  後壁保存の立場から 1191
  後壁削開の立場から 1195
  段階手術の立場から 1198
 先天性真珠腫の手術 1203
 真珠腫の再手術 1207
 癒着性中耳炎の手術 1211
 中耳根本術 1215
 乳突腔障害に対する手術 1219
 中耳奇形に対する手術 1224
 アブミ骨手術 1228
 アブミ骨手術の再手術 1233
 半規管瘻孔に対する手術 1237
 耳性脳脊髄液漏に対する手術 1242
【内耳手術】
 外リンパ瘻に対する手術 1247
 メニエール病に対する手術
  内リンパ囊手術 1251
  前庭神経切断術 1255
 BPPV に対する手術-半規管遮断術 1259
【人工聴覚器手術】
 Baha 手術 1262
 人工中耳(Vibrant Soundbridge)手術-蝸牛窓アプローチを中心に 1266
 骨導インプラント(Bonebridge)手術 1271
 人工内耳手術
  小児手術の場合 1275
  成人手術の場合 1278
  残存聴力型人工内耳 1282
  内耳奇形の場合 1285
  蝸牛骨化の場合 1291
  再手術の場合 1296
 聴性脳幹インプラントの手術 1303
【頭蓋底手術】
 上半規管裂隙症候群の手術 1309
 脳ヘルニアに対する手術 1313
 S 状静脈洞血栓症に対する手術 1317
 聴神経腫瘍手術
  経迷路法の立場から 1322
  中頭蓋窩法の立場から 1325
 錐体尖部真珠腫手術 1330
【側頭骨悪性腫瘍手術】
 外耳道癌 1333
 中耳癌 1339
 グロムス腫瘍の手術 1345
【顔面神経手術】
 顔面神経減荷術 1349
 舌下神経- 顔面神経吻合術 1353
 静的顔面神経再建術 1357
 動的顔面神経再建術 1363
 顔面神経鞘腫の手術 1367
連 載
■古典あれこれ
 ヒポクラテス-4.2500 年前耳疾患にどのように対応したか 1372
■診療つれづれ
 当院の安全管理 1376
■疾患と病態生理
 茎状突起症候群 1379
■手術手技
 私が愛用する手術器具153
  小児用ケリーとシャンボー 1385
  体動抑制具 1389
■症例をどうみるか
 乳児声門下血管腫の1例 1392