医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

JOHNS39巻3号【電子版】

往診で行う診療―耳鼻咽喉科疾患

出版社
東京医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2023/10/16
ページ数
118ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,080 (本体¥2,800+税10%)

印刷版ISSN
0910-6820
印刷版発行年月
2023/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
46 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

往診で行う診療―耳鼻咽喉科疾患

 

目次

総 論
 在宅医療における往診と訪問診療―耳鼻咽喉科の役割……宇高 二良・他
 耳鼻咽喉科医による在宅診療の実態……酒井 章博
 “在宅医療連携拠点”“地域包括支援センター”との関係の中での耳鼻咽喉科在宅医療……木村 榮成
 在宅療養支援診療所主治医と耳鼻咽喉科診療医との関係―大阪府におけるアンケート調査より……南  豊彦
 院内他科への往診の実態……嶋村 洋介
院外への往診
 往診を志した理由
  在宅医療は耳鼻咽喉科医の分野……田村  学
  耳鼻咽喉科医も外に出よう……川島  理
 私はこういう往診を行っている
  21年間の往診・訪問診療を通して……浜井 行夫
  広域分散型医療圏における往診の課題……植原 元晴
  10年つづけた往診業務……藤澤 利行
 往診に必要な診療機器,その他の持ち物……河合  敏
往診時の診療のポイント
 耳疾患……齋藤雄太郎・他
 めまい……本田 圭司
 鼻疾患……波多野瑛太・他
 咽頭痛……大木 雅文
 気道狭窄……高橋 秀聡・他
 当科における感染隔離室での対応……小林 雅和・他
訪問診療のポイント
 聴覚管理……小川  郁
 気道管理……鹿野 真人
 嚥下障害1……西山耕一郎
 嚥下障害2……藤田  彰
 終末期頭頸部癌……榎本 美紀・他

連載
■古典あれこれ
 植物の分類法を提案した医師のリンネ……加我 君孝
■診療つれづれ
 診療所の床掃除……竹腰 英樹
■外来診療に役立つ機器・材料・薬剤
 コミュニケーション支援アプリ―UDトーク……松本  希
■わたしの研究歴
 VEMPに至る道のりとその後……室伏 利久