医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

BRAIN and NERVE Vol.69 No.11【電子版】

2017年11月号(増大号)

増大特集 こころの時間学の未来

出版社
医学書院
電子版ISSN
1344-8129
電子版発売日
2017/12/04
ページ数
184ページ
 判型
A4変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,104 (本体¥3,800+税8%)

印刷版ISSN
1881-6096
印刷版発行年月
2017/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
34 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

増大特集 こころの時間学の未来 2013年から始まった文部科学省新学術領域研究「こころの時間学-過去・現在・未来の起源を求めて」が2017年度で終了する。本領域研究には,幅広い分野の研究者が結集したが,本特集では神経科学的,臨床精神医学・神経学的なアプローチを中心に成果を紹介したい。あなたがこの特集を読み終えたとき,その時間は長く感じられただろうか,それともあっという間だっただろうか。願わくは後者であってほしい。

目次

特集の意図[PDF]
【鼎談】 こころの時間学の未来
北澤 茂×田中 真樹×河村 満(司会)
主観的現在における知覚的持続時間の諸現象
村上 郁也
時間とリズムをつなぐ注意のダイナミクス
黒田 剛士,他
時間順序をつくり出す神経メカニズム
北澤 茂
計時と予測の神経機構
田中 真樹,他
動物の計時行動と後部帯状回遅延カスケードモデル
岡ノ谷 一夫,黒谷 亨
海馬神経細胞による時間表象
鹿野 悠,他
過去の学習記憶を未来の適応行動に活かす神経機構
小川 正晃
時間表現の発達 時間の言語化にみられる普遍性と多様性の観点からの考察
今西 典子,大津 由紀雄
心理的現在(いま)の神経心理学
緑川 晶,重宗 弥生
時間的に過剰な処理という視点からみた自閉スペクトラム症の感覚過敏
井手 正和,他
「ナビゲーション」と「こころの時間」の脳内地図
河村 満
エピソード記憶における時間情報の処理に関連する神経基盤とその障害
岩田 沙恵子,月浦 崇
類人猿における過去の出来事の記憶と心的時間旅行
平田 聡



■総説
パーキンソン病の局所脳体積と社会的認知
小早川 睦貴
抗MOG抗体関連疾患
中島 一郎



●原著
90歳以上の超高齢者における急性期脳梗塞 頭部MRI拡散強調画像を用いた検討
坂井 利行,他