医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

BRAIN and NERVE Vol.72 No.9【電子版】

2020年09月発行

特集 皮質性小脳萎縮症へのアプローチ

出版社
医学書院
電子版ISSN
1344-8129
電子版発売日
2020/09/14
ページ数
96ページ
 判型
A4変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,970 (本体¥2,700+税10%)

印刷版ISSN
1881-6096
印刷版発行年月
2020/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
46 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

特集 皮質性小脳萎縮症へのアプローチ 非遺伝性小脳性運動失調症に対し用いられる「皮質性小脳萎縮症」という名称は,本来は神経病理学的診断名であり,近年,臨床的な新たな疾患概念とその診断基準が提唱されている。しかし,この病態は均一なものではなく,多様な疾患が混在する。脊髄小脳変性症における未開の領域とも言える皮質性小脳萎縮症の今後の研究や臨床に貢献するために,疾患の歴史や分類,診断基準などを整理し,病理学的な特徴や具体的な病態について解説する。

目次


非遺伝性小脳性運動失調症に対し用いられる「皮質性小脳萎縮症」という名称は,本来は神経病理学的診断名であり,近年,臨床的な新たな疾患概念とその診断基準が提唱されている。しかし,この病態は均一なものではなく,多様な疾患が混在する。脊髄小脳変性症における未開の領域とも言える皮質性小脳萎縮症の今後の研究や臨床に貢献するために,疾患の歴史や分類,診断基準などを整理し,病理学的な特徴や具体的な病態について解説する。
特集の意図[PDF]

皮質性小脳萎縮症の歴史と分類,新たな診断基準
吉田 邦広
孤発性小脳性運動失調症-multiple system atrophyとmono system atrophy
渡辺 宏久,他
皮質性小脳萎縮症の病理
古賀 俊輔
遺伝性疾患の立場からのアプローチ
高橋 祐二
自己免疫性小脳性運動失調症からのアプローチ
吉倉 延亮,他
特発性小脳失調症との鑑別を要する二次性小脳性運動失調症
桑原 聡



■総説
進行性多巣性白質脳症(PML)のMRI画像診断
 MRIが捉えた,伸展する脱髄病変の病理
宍戸-原 由紀子,鹿戸 将史



●症例報告
MRIで明瞭な信号異常を呈した腕神経叢病変にPET/CTではFDG集積が軽微であったため,
 炎症性神経障害との鑑別が困難であった神経リンパ腫症の1例
島 智秋,辻野 彰
経鼻胃管症候群を呈したパーキンソン病の2症例
古澤 恭平,他
●学会印象記
AANP 2020-96th Annual Meeting of the American Association of Neuropathologists
高尾 昌樹