医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

BRAIN and NERVE Vol.72 No.10【電子版】

2020年10月発行

特集 COVID-19 神経内科医が診るための最新知識

出版社
医学書院
電子版ISSN
1344-8129
電子版発売日
2020/10/19
ページ数
112ページ
 判型
A4変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,970 (本体¥2,700+税10%)

印刷版ISSN
1881-6096
印刷版発行年月
2020/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
34 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 COVID-19 神経内科医が診るための最新知識 2020年4月7日の緊急事態宣言発令から半年が経ち,新型コロナウイルス感 染症(COVID-19)による神経症候も少しずつ明らかになってきた。まだ先の見通しが立たない中ではあるが,疫学データや神経症候の特徴,治療方針, COVID-19で明らかになった課題や実際に最前線で重症患者の診療を行った経験など,これまでの知見を集積し,脳神経領域において知っておくべき現時点 での最新知識としてまとめた。日々変化するCOVID-19に神経学の専門家としてどのように対応していくか,その足掛かりとなれば幸いである。

目次


2020年4月7日の緊急事態宣言発令から半年が経ち,新型コロナウイルス感 染症(COVID-19)による神経症候も少しずつ明らかになってきた。まだ先の見通しが立たない中ではあるが,疫学データや神経症候の特徴,治療方針, COVID-19で明らかになった課題や実際に最前線で重症患者の診療を行った経験など,これまでの知見を集積し,脳神経領域において知っておくべき現時点 での最新知識としてまとめた。日々変化するCOVID-19に神経学の専門家としてどのように対応していくか,その足掛かりとなれば幸いである。

総論-COVID-19の神経筋合併症と病態
下畑 享良
疫学データから考えるCOVID-19対策の指針
園生 雅弘,他
COVID-19神経合併症(1)-脳炎・脳症
中嶋 秀人
COVID-19神経合併症(2)-脳血管障害と血管炎症候群
八木田 佳樹
COVID-19神経合併症(3)-末梢神経障害と筋障害
竹下 幸男,神田 隆
COVID-19診療と脳神経内科
 当院における重症患者診療の経験から
幸原 伸夫,川本 未知
神経疾患における遠隔医療
大山 彦光,服部 信孝
COVID-19における神経病理の重要性と課題
高尾 昌樹
COVID-19の神経障害と救急外来・ER・ICUでの対応
永山 正雄
COVID-19パンデミック下の脳卒中診療
 Protected Code Stroke
平野 照之
COVID-19流行期における多発性硬化症・視神経脊髄炎関連疾患・重症筋無力症の治療方針
中村 正史,中島 一郎
COVID-19流行期間における神経筋疾患に対するNPPV療法
藤田 裕明,鈴木 圭輔
リハビリテーション治療や認知症介護などの濃厚接触を要する施設における感染対策
酒向 正春,竹川 英徳



●総説
脳梗塞に対する低酸素低糖刺激末梢血単核球療法
畠山 公大,他
●症例報告
髄膜腫再発が疑われた膠芽腫の1例
小林 裕介,他