医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

BRAIN and NERVE Vol.71 No.10【電子版】

2019年10月発行

特集 認知症と遺伝

出版社
医学書院
電子版ISSN
1344-8129
電子版発売日
2019/10/14
ページ数
88ページ
 判型
A4変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,970 (本体¥2,700+税10%)

印刷版ISSN
1881-6096
印刷版発行年月
2019/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
42 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 認知症と遺伝 超高齢社会を迎えた日本では, 高齢者の増加とともに認知症の患者数が激増している。 しかし,認知症の治療法はいまだ確立されておらず,発症機序を解き明かすことは喫 緊の課題であり,その中でも「認知症は遺伝するか」ということについては医療者の みならず,社会全体の関心事となっている。本特集では,臨床現場における重要な医 療情報を提供すべく,この「認知症発症における遺伝の役割」を科学的に議論する。

目次


超高齢社会を迎えた日本では, 高齢者の増加とともに認知症の患者数が激増している。 しかし,認知症の治療法はいまだ確立されておらず,発症機序を解き明かすことは喫 緊の課題であり,その中でも「認知症は遺伝するか」ということについては医療者の みならず,社会全体の関心事となっている。本特集では,臨床現場における重要な医 療情報を提供すべく,この「認知症発症における遺伝の役割」を科学的に議論する。
特集の意図[PDF]
アルツハイマー病の遺伝的背景-GWASから何がわかったか
尾崎 浩一,新飯田 俊平
アルツハイマー病リスク因子としてのアポリポ蛋白E4
菊地 正隆,中谷 明弘
認知症アンチリスク集団としての百寿者と抗認知症遺伝子研究
佐々木 貴史,他
アルツハイマー病におけるレアバリアントの役割とその解析意義
宮下 哲典,他
ゲノム研究から見たアルツハイマー病発症の制御の可能性
池内 健



■総説
社会的行動障害
生方 志浦,他



●症例報告
左前頭葉腫瘍摘出後にタイピング障害を呈した熟練タイピストの1例
若松 千裕,他
●臨床で役立つ 末梢神経病理の読み方・考え方
第7回 糖尿病性ニューロパチー
佐藤 亮太,神田 隆
●学会印象記
2019 PNS Annual Meeting
山岸 裕子