医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

Medical Practice 2021年臨時増刊号【電子版】

【特集】臨床検査の考え方と進め方

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/06/21
ページ数
276ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,700 (本体¥7,000+税10%)

印刷版ISSN
0910-1551
印刷版発行年月
2021/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
60 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

【特集】臨床検査の考え方と進め方
臨床検査は近年,自動分析が普及し,診療の意思決定に関わる貢献度が益々向上している.本書は,極めて頻回に用いられるが進歩の著しい臨床検査の,適正な使用と解釈のために企画された.“検査項目別”と“症候・疾患別”の2つのアプローチで,1冊で検査診断学が俯瞰できる構成とした.具体的な検体の取扱いや結果の解釈の留意点まで,新しい検査知識の源として医師,看護師,臨床検査技師などのスタッフや学生にも役立つ一冊.

目次

第1章 総 論
 1.臨床検査とは
 2.検査前留意事項
 3.検体採取と取り扱い
 (1)血 液
 (2)尿・便
 (3)穿刺液
 4.検体検査の解釈
 (1)検査結果に影響する因子
 (2)基準範囲,臨床判断値(カットオフ値)
 (3)臨床検査の診断特性評価と結果の解釈
 (4)緊急連絡値(パニック値)
 5.輸血検査(検査の方法と結果解釈)
 6.微生物検査
 7.POCT(point-of-care testing)
 8.TDM(therapeutic drug monitoring)
 9.検体検査の精度確保
 10.臨床検査における医療安全

第2章 各論①症候編―各症候に対する診断アプローチ
 1.発 熱
 2.意識障害
 3.浮 腫
 4.呼吸異常
 5.咳嗽,喀痰,血痰
 6.頭 痛
 7.動 悸
 8.胸 痛
 9.腹 痛
 10.吐血,下血
 11.下痢,便秘
 12.関節痛
 13.頻尿,多尿
 14.紫斑,出血傾向
 15.リンパ節腫脹

第3章 各論②疾患編―検査法と診断
 1.循環器疾患
 2.呼吸器疾患
 3.精神,神経疾患
 4.消化管疾患
 5.肝胆膵疾患
 6.腎・泌尿器疾患
 7.内分泌疾患
 8.代謝疾患
 9.糖尿病
 10.血液疾患
 11.膠原病,アレルギー疾患
 12.婦人科疾患
 13.感染症
 14.ビタミン・栄養欠乏症
 15.急性中毒と臨床検査
 16.遺伝性疾患における臨床検査

付録 共用基準範囲一覧
索引