医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

Medical Practice 2015年7月号【電子版】

膠原病~実地医家の診察・診断・治療の進歩の活用

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/08/03
ページ数
166ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,750 (本体¥2,500+税10%)

印刷版ISSN
0910-1551
印刷版発行年月
2015/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
52 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

膠原病~実地医家の診察・診断・治療の進歩の活用
特集は,「膠原病~実地医家の診察・診断・治療の進歩の活用」.記事として,[座談会]実地内科医による膠原病診療の課題を考える,[この症例から何を学ぶか] 肺高血圧症を合併し免疫抑制療法にて治療しえた全身性エリテマトーデスの1例,[One Point Advice],[今月の話題]リワークプログラム,[知っておきたいこと ア・ラ・カルト]介護社会における血糖の自己測定とインスリンの自己注射,[今月の疾患]伝染性軟属腫,他を掲載.

目次

【特集】
●扉/藤尾圭志
[総説:これからの実地診療の2大課題を学ぶ]
●膠原病の疫学・重症度評価と基本的な治療指針/保田晋助
●膠原病の治療に伴う合併症の予防と治療/亀田秀人
[座談会]
●実地内科医による膠原病診療の課題を考える
 出席者/小池和彦・藤尾圭志・佐藤健夫・岸本暢将
[セミナー:実地医家の日常診療のレベルアップのポイントを身につける]
●膠原病を疑う身体所見/岸本暢将
●実地診療における膠原病関連自己抗体の使いかた/藤本 学
●実地診療において膠原病を疑う手指診察のポイント/久保智史ほか
●膠原病に病像の似た自己炎症症候群の鑑別診断の進めかた/井田弘明
●膠原病におけるぶどう膜炎の診療の実際/蕪城俊克
●中枢神経ループスの病型と治療の考えかたと実践/吉尾 卓
●多発性筋炎・皮膚筋炎の診断の考えかたと日常診療への活用/上阪 等
●ANCA関連血管炎の診療ガイドラインのポイント/駒形嘉紀ほか
●高安動脈炎の最新の知見と診療への活用/吉藤 元
●全身性エリテマトーデス治療におけるヒドロキシクロロキンの役割と活用/横川直人
[トピックス:日常診療に役立つ最新の知見]
●シェーグレン症候群とIgG4関連疾患の病態の違い/坪井洋人ほか
●全身性エリテマトーデスにおける疾患感受性遺伝子および遺伝子発現解析/倉沢隆彦ほか
[治療:実地医家が活用すべき治療の進歩とその実際を実践する]
●全身性エリテマトーデスの最新治療/天野浩文
●膠原病関連肺高血圧症の治療/岩崎由希子
●膠原病に伴う間質性肺炎の治療/川口鎮司
●Behçet病の治療/木村佳貴ほか
●成人Still病の治療/佐藤浩二郎
[この症例から何を学ぶか]
●肺高血圧症を合併し免疫抑制療法にて治療しえた全身性エリテマトーデスの1例/庄田宏文ほか
[Self-assessment test]
【連載】
〈今月の疾患〉
●伝染性軟属腫/江川清文
〈One Point Advice〉
●炎症性腸疾患の増悪?ちょっと待て/穂苅量太
●患者に初めての薬剤を処方するときは/木下芳一
●重複癌症例の診療/白神梨沙ほか
●低血糖症の盲点:薬剤誘発性低血糖/柳瀬敏彦
●エビデンス・ベイスト・メディスンとナラティブ・ベイスト・メディスン/金澤 素
●世界のNa摂取量/兼本成斌
●自己免疫性膵炎と膵臓癌の鑑別診断のポイント/神澤輝実
●血清抗H. pylori IgG抗体検査の結果を読むときの注意点/鈴木秀和
〈今月の話題〉
●リワークプログラム/五十嵐良雄
〈知っておきたいこと ア・ラ・カルト〉
●介護社会における血糖の自己測定とインスリンの自己注射/伴野祥一