医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

Medical Technology 49巻11号【電子版】

学び直そう! グラム染色

出版社
医歯薬出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/11/15
ページ数
100ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,870 (本体¥1,700+税10%)

印刷版ISSN
0389-1887
印刷版発行年月
2021/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
66 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

学び直そう! グラム染色
 感染症診断のうえで重要な役割を担うグラム染色ですが,編集部には読者の方から「どのようにすればきれいな標本を作れるのでしょうか」「おっかなびっくりやっているので,どうにかしてレベルアップしたいです」といった声も寄せられており,不安をおもちの方も少なくないようです.
 そこで本特集ではグラム染色にフォーカスをあて,1章では意義や運用,精度管理,技能評価などについておまとめいただき,2,3章では「Clinical Microbiology Procedures Handbook(CMPH)」の最新版(4thEdition)をもとに,検体採取と標本作成,鏡検の手技やコツについてご解説いただきます.最後の4 章では,臨床検査技師以外の職種も含め,現場での活用をご紹介いただきます.
 確かな知識と技術に裏打ちされた自信は,日々の感染症診療に大きく貢献します.その一助として,本特集をお役立ていただけますと幸いです. (編集部)

目次

1.総論―グラム染色を理解する  永田邦昭  1124
2.検体採取・標本作製のポイント  佐々木雅一  1130
3.鏡検のポイント  木村圭吾  1138
4.現場での活用
1)臨床検査技師の立場から  山本剛  1150
2)医師の立場から  忽那賢志  1161
3)薬剤師の立場から  前田雅子  1167
■Editorial―今月のことば 
私はガラパゴス化した検査室で育ててもらったという事実  矢内充  1113 
■話題―NEWS&TOPICS 
臨地実習指導者講習会-日本臨床衛生検査技師会の対応について-  深澤恵治  1116
ブラッドローテーションとは―献血血液の有効利用を図る取り組み  長谷川雄一  1120
■技術講座 
遺伝子検査を血液型検査に活用する  李悦子  1173
■基礎講座 
嫌気性菌検査の基本をおさえる  三澤成毅  1181
■MT Seminar 
DOHaD(Developmental Origins of Health and Disease)とは?―胎児期の環境が成人期以降の疾患リスクに影響する  山田宏哉  1190 
AIHAの病態と輸血検査の注意点  森山昌彦  1193 
■知っておきたい この検査 
前庭誘発筋電位  伊藤亜子  1198
■臨床検査Q&A 
乳び血清ではTGは高値になりますか?  藤本一満  1200 
■L・Lの日常 
L・Lの日常  周玲蓮  1203 
■学会レビュー 
第15回日本臨床検査学教育学会学術大会  市野直浩  1204
■LABO LIFE―私の仕事・私の明日 
細胞検査士として働く  松本慎二  1206