医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

Medical Technology 50巻1号【電子版】

次なるパンデミックに備えて~コロナ禍を経験して~

出版社
医歯薬出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/01/17
ページ数
100ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,870 (本体¥1,700+税10%)

特記事項
都合により、電子版では紙版と異なりp.88~90の論文は未収載となっております。
印刷版ISSN
0389-1887
印刷版発行年月
2022/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
94 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

次なるパンデミックに備えて~コロナ禍を経験して~
 2019年12月に中国湖北省武漢市で確認された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は,今なお収束に至っていません.発生当初はどのような対策をとればよいかもわからず,いつ自分が感染してしまうのか,そして感染させてしまうのではないかと,不安に脅かされながらの日々でした.しかし,少しずつ蓄積されていく知見をもとに,感染対策や検体採取,検査方法など,あらゆる面で各ご施設の実情に即した工夫がなされました.今回得た教訓のなかには今後,次なるパンデミックが起こった時にも役立つものが,少なからずあると思います.
 そこで本特集では,まず1章でコロナ禍を振り返っていただき,臨床検査の果たした役割とみえてきた課題を総括いただきます.続く2章では,それぞれのお立場からコロナ禍での取り組みと,今回得た教訓をどのように活かしていくべきかをご紹介いただきます.コロナ禍の2年を経験した今,臨床検査を支える一員として今後どのように備えていくのかを考えるきっかけになれば幸いです. (編集部)

目次

1.COVID-19と臨床検査  笠原敬  10
2.それぞれの立場から
1)微生物検査室の立場から  大城健哉,宮城ちひろ,平良ひかり,真栄田百合子  14
2)緊急検査室の立場から  楠木まり  19
3)感染制御部・ICTでの臨床検査技師の対応  西功  26
4)患者入院非受け入れ施設での対応(検査のみを実施する病院)  長山藤子  32
5)臨床検査技師による検体採取の実際  釼祐一郎,迫村裕子,山﨑敦子,内田健,本山一将,瀧田直子,伏見祥広,岡﨑美帆,中村優一郎  37
6)東京駅前でオープンした駅前コロナPCR実施施設での対応  野口朋子  41
50年を振り返って  1
50周年記念パズル  45
■Editorial―今月のことば 
50巻発刊を迎えて:社会に拡がる臨床検査の新たなポテンシャル  宮地勇人  2 
■話題―NEWS&TOPICS 
皮膚マイクロバイオームと疾患  松岡悠美  6
■呼吸機能検査の苦手意識をなくそう!  1.臨床呼吸機能検査の基礎知識と患者対応技術を学ぼう! 
1)呼吸機能検査の種類と検査の全体像を理解しよう  田邊晃子  48 
■血液検査室のための フローサイトメトリー入門 
1.基本用語を理解しよう!  髙野邦彦  59 
■いまさら聞けない 
蛍光染色のあれこれ  渡邊崇,柳久乃,船橋靖広  64
■基礎講座 
血液疾患における抗体療法と臨床検査  米澤賢二  70
栄養指標のデータの見方  平山安希子,三井田孝,上野剛,平山哲  76
■MT Seminar 
HPV感染予防ワクチンの現状  藤井多久磨  82 
■L・Lの日常 
L・Lの日常  周玲蓮  87 
■From LABO 
採血技術の数値化による業務改善の試み―採血業務支援システム内のデータをどのように読み解くか  吉田裕子  88
■臨床検査Q&A 
高輝度膵のカテゴリーや判定区分はどのように判定すればよいでしょうか.  岡庭信司  91 
■LABO LIFE―私の仕事・私の明日 
1年目を振り返って  鏡真里菜  94