医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨床外科 Vol.73 No.5【電子版】

2018年05月号

特集 縦隔を覗き,さらにくり抜く これからの食道・胃外科手術〔特別付録Web動画付き〕

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1278
電子版発売日
2018/04/30
ページ数
128ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,916 (本体¥2,700+税8%)

印刷版ISSN
0386-9857
印刷版発行年月
2018/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
322 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 縦隔を覗き,さらにくり抜く これからの食道・胃外科手術〔特別付録Web動画付き〕 食道胃接合部癌の増加に伴い,その手術術式が学会などで議論される機会が増えました.古くは食道外科医,胃外科医が各々の考え方に基づいて手術を行い,同一施設内でも医師によって術式が異なることもありました.近年,日本胃癌学会と日本食道学会の合同プロジェクトとして接合部癌に対するガイドラインが作成され,情報・見解が共有されつつあります.本特集号ではこの流れで,特に接合部癌に対する経裂孔的なアプローチに関する最新の知見をまとめ,同時に最近脚光を浴びている非胸腔アプローチによる食道癌手術にもスポットライトを当てました.下縦隔のみならず縦隔全体の新しい解剖学的所見について理解を深めていただけたら幸いです.

目次


 食道胃接合部癌の増加に伴い,その手術術式が学会などで議論される機会が増えました.古くは食道外科医,胃外科医が各々の考え方に基づいて手術を行い,同一施設内でも医師によって術式が異なることもありました.近年,日本胃癌学会と日本食道学会の合同プロジェクトとして接合部癌に対するガイドラインが作成され,情報・見解が共有されつつあります.
 本特集号ではこの流れで,特に接合部癌に対する経裂孔的なアプローチに関する最新の知見をまとめ,同時に最近脚光を浴びている非胸腔アプローチによる食道癌手術にもスポットライトを当てました.下縦隔のみならず縦隔全体の新しい解剖学的所見について理解を深めていただけたら幸いです.
 編集室より:本特集では図に関連する動画(Flash形式)を見ることができます.ぜひ論文と併せてご覧ください.
■総論
「食道胃接合部癌手術」および「非胸腔アプローチによる食道癌手術」の現状
瀬戸 泰之・他
■食道胃接合部癌に対する手術
食道胃接合部癌の手術に必要な局所解剖
 下縦隔へのランドマークとしての心臓下包
倉橋 康典・他
食道胃接合部癌に対するリンパ節郭清範囲
竹内 裕也・他
食道胃接合部癌に対する開腹・経裂孔手術
小関 佑介・他
食道胃接合部癌・食道腺癌に対する開胸・開腹手術
 右開胸開腹連続切開の意義
小池 聖彦・他
食道胃接合部癌に対する腹腔鏡下手術の導入《入門編》
木下 敬弘・他
ここまでできる 進行食道胃接合部癌の腹腔鏡下手術
瀧口 修司・他
食道胃接合部癌に対する集学的治療の将来展望
 国内外のエビデンスより
山田 貴允・他
■非胸腔アプローチによる食道癌手術
非胸腔アプローチによる縦隔解剖の詳細
森 和彦・他
縦隔アプローチによる食道癌手術アトラス
藤原 斉・他
新規手術手技の導入に際しての注意事項
 非胸腔アプローチを開始するにあたって
柴田 智隆・他



●FOCUS
H. pylori 陰性時代の胃癌の動向と外科
木南 伸一・他
●Reduced Port Surgery-制限克服のための達人からの提言・5
総論 RPSにおけるトレーニング法・縫合技術【動画付き】
山口 高史・他
●病院めぐり
筑波メディカルセンター病院 消化器外科
稲川 智
●急性腹症・腹部外傷に強くなる・2
急性虫垂炎
都築 行広
●英文論文を書いてみよう!-なかなか書けない外科医のための集中講義・5
査読者の立場から
杉山 政則
●臨床報告
腹壁瘢痕ヘルニアを契機に診断され修復術後に改善した特発性気腹症の1例
佐原 稚基・他
慢性骨髄性白血病に合併した小腸間膜原発デスモイド腫瘍の穿孔により
 急性汎発性腹膜炎を発症した1例
太田 尚宏・他
多発胃粘膜下腫瘍に対して
 2種類のアプローチを組み合わせ単孔式腹腔鏡手術を施行した3例
谷田 孝・他
●1200字通信・117
face-to-face
板野 聡
●ひとやすみ・163
活躍する女性外科医
中川 国利
●昨日の患者
4度目の生還
中川 国利