医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨床外科 Vol.74 No.9【電子版】

2019年09月発行

特集 膵・消化管神経内分泌腫瘍 診断・治療の基本と最新動向〔特別付録Web動画付き〕

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1278
電子版発売日
2019/09/02
ページ数
120ページ
 判型
A4
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,970 (本体¥2,700+税10%)

特記事項
付録Web動画の公開期間は2022/09/30までです。何卒ご了承ください。
印刷版ISSN
0386-9857
印刷版発行年月
2019/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
142 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 膵・消化管神経内分泌腫瘍 診断・治療の基本と最新動向〔特別付録Web動画付き〕 本誌で前回,膵・消化管神経内分泌腫瘍についての特集企画を掲載したのは2015年4月号であったが,この4年間でこの疾患に対する社会的認知度が急上昇し,病態に対する理解が深まってきた.2015年に診療ガイドラインの第1版が出版され,WHO分類は2017年に膵NETの新分類が発表され,2019年に消化管NETの新分類が発表された.略称も,高分化の腫瘍(NET)と低分化の癌(NEC)を合わせてNENと呼称されるようになっている.また,診療ガイドラインの第2版も2019年に出版される予定であり,本領域への期待が高まっている.これらの流れを踏まえ,本特集では,膵・消化管神経内分泌腫瘍について,基本事項をおさえるとともに,この数年の変化,最新の動向をエキスパートの執筆者にご解説いただいた.

目次


 本誌で前回,膵・消化管神経内分泌腫瘍についての特集企画を掲載したのは2015年4月号であったが,この4年間でこの疾患に対する社会的認知度が急上昇し,病態に対する理解が深まってきた.2015年に診療ガイドラインの第1版が出版され,WHO分類は2017年に膵NETの新分類が発表され,2019年に消化管NETの新分類が発表された.略称も,高分化の腫瘍(NET)と低分化の癌(NEC)を合わせてNENと呼称されるようになっている.また,診療ガイドラインの第2版も2019年に出版される予定であり,本領域への期待が高まっている.これらの流れを踏まえ,本特集では,膵・消化管神経内分泌腫瘍について,基本事項をおさえるとともに,この数年の変化,最新の動向をエキスパートの執筆者にご解説いただいた.
編集室より:本特集では図に関連する動画を見ることができます.ぜひ論文と併せてご覧ください.

膵・消化管神経内分泌腫瘍の疫学,腫瘍の概念の変遷
増井 俊彦・他
膵・消化管神経内分泌腫瘍 画像診断のコツと生検の意義
藤森 尚・他
膵・消化管神経内分泌腫瘍の病理分類
笹野 公伸
食道・胃NENの外科治療と薬物療法
奥村 知之・他
小腸・結腸・直腸神経内分泌腫瘍の外科治療
永岡 智之・他
機能性膵神経内分泌腫瘍の外科治療
土井 隆一郎・他
非機能性膵神経内分泌腫瘍の外科治療
海野 倫明
遺伝性疾患に合併する膵・消化管神経内分泌腫瘍の診断と手術
木村 康利・他
膵・消化管神経内分泌腫瘍の集学的治療
工藤 篤・他



●FOCUS
消化器外科専門医制度年カリキュラム改定の概要と新専門医制度
袴田 健一
●Reduced Port Surgery-制限克服のための達人からの提言・21
RPSによる肝切除術
小倉 俊郎・他
●病院めぐり
国立病院機構 関門医療センター外科
安部 俊弘
●臨床報告
胃切除後早期に発症したペラグラの1例
堀 創史・他
左横隔膜弛緩症を合併した胃癌に対して腹腔鏡下幽門側胃切除術を施行した1例
坂部 龍太郎・他
緊急手術での脾摘を要したヘアリー細胞白血病の巨脾の1例
今野 文博・他
膵頭十二指腸切除後の膵空腸吻合部狭窄に対する
 内視鏡的治療後に生じた仮性動脈瘤破裂の1例
篠原 剛・他
乳癌のセンチネルリンパ節に悪性リンパ腫を認めた1例
秋田 由美子・他
●ひとやすみ・180
自己に対する我流治療
中川 国利
●字通信・134
大学と文化-何がそうさせるのか
板野 聡
●昨日の患者
心配で発狂寸前です
中川 国利