医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

訪問看護と介護 Vol.26 No.4【電子版】

2021年4月発行

倫理的課題へのアプローチ 「倫理的」な看護はいかに実践できるか

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-143X
電子版発売日
2021/04/05
ページ数
80ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,650 (本体¥1,500+税10%)

印刷版ISSN
1341-7045
印刷版発行年月
2021/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
36 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

倫理的課題へのアプローチ 「倫理的」な看護はいかに実践できるか 「倫理的」な看護はいかに実践できるか

本人の希望や家族の願い、医学的適応、さらには自分の看護観―。
考慮すべきことが重層的に、
複雑に絡み合っているのが訪問看護の現場です。

だからこそ、そこには「倫理的課題」が生じます。
現場の実践者には、それがいかに霧がかった悩ましい状況であったとしても、
目を凝らし、一歩を踏み出すことが求められます。

さまざまな思いや考え、情報をどのように受け止め、
整理し、考えていくとよいのでしょうか。
本特集では、立ち止まり、
再び歩み出すためのヒントを探ります。

目次

■解説
看護実践の倫理とはなんだろう――アプローチしていくための基礎知識
鶴若麻理

臨床倫理4分割表で訪問看護事例を展開する――「夫による危険な介護と繰り返される叱責から、 難病の妻を護るにはどうすればよいか」
疇地和代/鷺坂実豊子 コメント:鶴若麻理

■寄稿集
看護実践の倫理を考えるために、日常的にやっていることを教えてください。
① 宇野さつき

② 加藤希

③ 岩本大希

④ 川越博美

■新型コロナと看護実践の倫理
会わないことをやめ、今だからこそ会おうと決意したこと
藤田愛

積み上げてきたものも問い直されている
椎名美恵子

●巻頭インタビュー
刊行記念インタビュー つい語り合いたくなる『家でのこと』
高橋恵子 聞き手:横井郁子/御任充和子

●実践報告
村田理論を応用したALS療養者のスピリチュアルケア
小泉亜紀子

●往復郵便・1
「うんこをめぐる人生の物語」が聞きたい!
頭木弘樹/榊原千秋

●在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!・139
おかえりなさい、みっちゃん
秋山正子

●訪問看護師のための判断力トレーニング・4
Step③考えを言葉にできる力
清水奈穂美

●「みんなの認知症見立て塾」出張講義 認知症「見立て」の知「対応」の技・13(最終回)
医学モデルと社会モデルと、認知症
内田直樹