医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

訪問看護と介護 Vol.25 No.6【電子版】

2020年06月発行

特集 心不全在宅管理 ケアと治療をつなげる「翻訳」スキル

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-143X
電子版発売日
2020/06/08
ページ数
88ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,650 (本体¥1,500+税10%)

印刷版ISSN
1341-7045
印刷版発行年月
2020/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
66 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 心不全在宅管理 ケアと治療をつなげる「翻訳」スキル 心不全を抱えた療養者さんが、増えています。そして今後、ますます増えることが予測されています。個別性の高い「心不全」の治療とケア。それを的確に引き継ぎ、その人ならではの療養生活に落とし込んでいくには、本人を中心とした多職種チームによる有機的で細やかな動きと伝え合う力、つまり「翻訳する力」が求められます。 本特集では、在宅の現場における多職種チームを〝地域ハートチーム〟として捉え、訪問看護師が押さえておきたいケアと治療をつなげる「翻訳」のための知識・スキルをまとめます。

目次


心不全を抱えた療養者さんが、増えています。
そして今後、ますます増えることが予測されています。

個別性の高い「心不全」の治療とケア。
それを的確に引き継ぎ、その人ならではの療養生活に落とし込んでいくには、本人を中心とした多職種チームによる有機的で細やかな動きと伝え合う力、つまり「翻訳する力」が求められます。

本特集では、在宅の現場における多職種チームを〝地域ハートチーム〟として捉え、訪問看護師が押さえておきたいケアと治療をつなげる「翻訳」のための知識・スキルをまとめます。

[インタビュー]
〝地域ハートチーム〟の近未来予測と
 看護師に必要となるスキル
弓野 大/伊東 紀揮
心不全治療のスタンダード
 こんな人が在宅にいたらどんな段階か?
鈴木 豪
身体の声を「翻訳」する
 フィジカルアセスメントをセルフケアにつなげる技
小澤 敬子
治療とケアを「生活」にリンクさせる
樋口 秋緒
〈コラム〉在宅心臓リハビリテーションの工夫
奥山 洋平
重症患者を地域の専門職チームで看取った事例
村崎 佳代子
「特別訪問看護指示書」で入院せずに済んだ事例
大森 崇史



●家でのこと・6
私の重み
高橋 恵子
●在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!・129
過覚醒状態になったとしても……
 自分の状態に気付き、落ち着く知恵を
秋山 正子
●地域連携の技術 ファシリテーション・スキル・6
「課題解決」への熱意と具体策を引き出す
 オープン・スペース・テクノロジー
鈴木 央
●「みんなの認知症見立て塾」出張講義 認知症「見立て」の知「対応」の技・3
「生活障害」はどう見るか
内田 直樹
●訪問看護の「夢」を叶えるICT・7
ICT活用の効果を評価する(2) 行動変容につながった事例
出野 妙
●あなたの知らない重度訪問介護の世界・6(最終回)
在宅療養を叶える方法として
大野 直之
●[小説]ナースマン訪問看護編 あと、どれくらい?・10
もり子先生の秘密
小林 光恵