医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

訪問看護と介護 Vol.25 No.2【電子版】

2020年02月発行

特集 訪問看護師の臨床推論 私たちはどういうプロセスで考え、判断しているか

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-143X
電子版発売日
2020/02/10
ページ数
88ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,650 (本体¥1,500+税10%)

印刷版ISSN
1341-7045
印刷版発行年月
2020/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
82 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 訪問看護師の臨床推論 私たちはどういうプロセスで考え、判断しているか 在宅現場にいる療養者に、何が起きているのか。そして訪問看護師はどのように考え、動くべきか。さまざまな事情を抱えた療養者を前に、即時に「判断」していくための医療者の思考過程-「臨床推論」をどう看護実践に活かすのか。本特集では、「臨床推論」の基礎知識と訪問看護師ならではの実践・トレーニングのコツをまとめます。

目次


在宅現場にいる療養者に、何が起きているのか。そして訪問看護師はどのように考え、動くべきか。さまざまな事情を抱えた療養者を前に、即時に「判断」していくための医療者の思考過程-「臨床推論」をどう看護実践に活かすのか。本特集では、「臨床推論」の基礎知識と訪問看護師ならではの実践・トレーニングのコツをまとめます。

■Lecture1
訪問看護師に知ってほしい「臨床推論」の基本
喜瀬 守人
■ Lecture2
訪問看護師のための臨床推論
清水 奈穂美
■誌上シミュレーション
臨床推論をやってみよう「様子見で大丈夫?」
小林 澄子/甲斐 年美/坂本 由規子/清水 奈穂美
■座談会
訪問看護の「臨床推論」は伝えられるか
小瀬 文彰/佐藤 直子/清水 奈穂美



■レポート
こちら現場からお届けします!
訪問看護師の漫画、描いてます
広田 奈都美



●家でのこと
土管の家
高橋 恵子
●在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!
「違和感」への違和感〈前編〉
 病院と在宅の対象理解の違い
秋山 正子
●地域連携の技術 ファシリテーション・スキル
これまでの“話し合い”と何が違う?
鈴木 央
●訪問看護の「夢」を叶えるICT
SNSを活用した認知症ケア
林 啓子
●あなたの知らない重度訪問介護の世界
専門職の口コミが大切です
大野 直之
●シンソツきらきら
新卒と新卒に関わる方へ
小瀬 文彰/山田 雅子
●[小説]ナースマン訪問看護編 あと、どれくらい?
1年後のイカ
小林 光恵