医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

理学療法ジャーナル Vol.51 No.9【電子版】

2017年9月号

特集 ACL損傷と動作

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1359
電子版発売日
2017/10/09
ページ数
106ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,944 (本体¥1,800+税8%)

印刷版ISSN
0915-0552
印刷版発行年月
2017/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
64 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 ACL損傷と動作 膝前十字靱帯(anterior cruciate ligament:ACL)は小さな靱帯であるにもかかわらず,その損傷はスポーツ外傷のなかでも非常に頻度の高いものであり,長い間術式を含めスポーツ整形外科の話題の中心となってきた.以前と比較して術式はある程度落ち着いており,理学療法の一般化も進んだと思われる.しかしながら,受傷機転や予防を含めてまだ課題が多く,なかでも理学療法士に関連する話題としては膝関節が,複雑な動作のなかでどのような影響を受けているのかについて世界的にも論議がある.動作と絡めたうえでのACL損傷について,さらに考えを深めていただきたい.

目次

エディトリアル-ACL損傷と動作
川島 敏生,他
整形外科医からみたACL損傷における動作の重要性と理学療法士との連携
内山 英司
疫学調査からみたACL損傷と動作
高橋 佐江子,他
ACL損傷と評価すべき動作
森口 晃一,他
ACL損傷とスポーツパフォーマンス
 -ACL再建術後のスポーツパフォーマンス向上のために
吉田 昌平
ACL損傷とグラウンドでみる動作分析
安藤 貴之

●とびら
いろり
酒井 尚子
●あんてな
第52回日本理学療法士協会全国学術研修大会in石川のご案内
間所 昌嗣
●1ページ講座 理学療法関連用語~正しい意味がわかりますか?
Subjective visual vertica
西村 由香
●1ページ講座 障がい者スポーツ
車いすテニス
蛯江 共生
●入門講座 「はじめて」への準備(臨床研究編)・3
臨床研究のデータを収集・分析しよう
生野 公貴
●講座 ニューロモジュレーション・1
ニューロモジュレーションの現状と展望
竹内 直行,他
●臨床実習サブノート
被殻出血および視床出血
増田 知子
●連載 超音波で見る運動器と運動療法Q&A
朴 基彦,他
●初めての学会発表
不安から活力へ
尾崎 圭一
●甃のうへ
キャリアを積むために-女性理学療法士としての苦悩
榊 聡子
●報告
糖尿病性末梢神経障害患者の歩行動揺性が身体活動量に与える影響
 -パス解析を用いた検討
鈴木 啓介,他
●症例報告
運動療法が石灰融解過程促進に寄与した可能性のある石灰沈着性腱板炎の一例
井坂 晴志,他
●文献抄録
小川 峻一・小林 匠・斉藤 琴子・大森 圭貢