医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

理学療法ジャーナル Vol.53 No.1【電子版】

2019年01月発行 (通常号)

特集 高齢者の転倒と予防

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1359
電子版発売日
2019/01/21
ページ数
114ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,944 (本体¥1,800+税8%)

印刷版ISSN
0915-0552
印刷版発行年月
2018/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
58 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

特集 高齢者の転倒と予防 高齢者の「転倒」は,運動機能だけでなく,認知機能や状況判断,外的要因などが絡み合った結果である.その予防には,転倒に至る原因や背景因子の分析と整理が必要だが,高齢者全体に共通する問題の整理と理解や,個々の高齢者の条件に合わせた予防対策の立案など,いずれも容易なことではない.さらに病院・施設・居宅各々の環境条件で留意点も予防策も大きく異なる.高齢者の転倒を予防することは難しい.関連する要因や転倒予防活動をまとめ,理学療法士としてどう理解し参画するかを考える.

目次

虚弱・認知症・高次脳機能障害と転倒
 -高齢者における転倒と運動機能および遂行機能
熊居 慶一,他
転倒と運動機能・受け止めの変化
井上 優
感覚・認知機能からみた転倒予防のための生活環境整備
中條 浩樹
転倒の予防運動プログラムの実践と課題
山田 拓実
転倒・転落予防対策チームのあり方と理学療法士の役割
平井 覚


●とびら
コミュニケーション
三宅 わか子
●私のターニングポイント
リハビリテーションを「かたち」にする
張本 浩平
●新連載 脳画像から読み取る障害像と理学療法・1
理学療法士に必要な脳画像の知識
高屋 成利
●1ページ講座 理学療法関連用語~正しい意味がわかりますか?
慢性疼痛
松原 貴子
●1ページ講座 外国人とのコミュニケーション
インドネシア
一般財団法人日本インドネシア協会
●入門講座 身近なツールを治療に活かす・1
弾性包帯・セラバンド
 -理学療法における運動療法の補助的手段としての応用
森田 伸,他
●講座 理学療法に関するガイドラインupdate 2・1
理学療法に関するガイドラインupdate-老年症候群
牧迫 飛雄馬
●臨床実習サブノート どうする?
 情報収集・評価・プログラム立案-複雑な病態や社会的背景の症例・10
慢性閉塞性肺疾患を合併した血栓性脳梗塞回復期患者
野添 匡史
●学会印象記
第7回日本支援工学理学療法学会学術大会 支援工学理学療法の現在と未来
矢部 広樹
●あんてな 新シリーズ 介護予防への取り組み・1
埼玉県における介護予防事業と理学療法士・専門職のかかわり
岡持 利亘,他
●ひろば
伊藤直榮先生と私
真寿田 三葉
●文献抄録