医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

感染症プラチナマニュアル 2020【電子版】

岡 秀昭 (著)

出版社
MEDSi
電子版ISBN
978-4-8157-0204-5
電子版発売日
2020/02/03
ページ数
508ページ
 判型
三五変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,200 (本体¥2,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8157-0178-9
印刷版発行年月
2020/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
18 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

改めまして……本書が「プラチナ」ファミリーの原点です。

大好評ポケット版マニュアル、2020年版が完成。定価据え置きでも増頁でさらにパワーアップ。若手・ベテラン問わず、医師・ナース・コメディカルのみなさまに。

☆改訂のポイント
・約60ページ増。新規ガイドライン(バンコマイシン,市中肺炎)と最新の主要論文120本の情報を更新。
・2020年東京オリンピックにあわせて,輸入感染症の項目を新規追加。また,第4章「成人のワクチン」を新規追加し,予防接種の項目を設けた。
・付録に血液培養の項目を追加。薬剤相互作用の記載をアップデート。 ・プラチナトラブルシューティングに追加。
・抗菌薬にはセフトロザン/タゾバクタム,抗ウイルス薬にはホスカルネット,原虫・寄生虫薬にはパロモマイシンをそれぞれ追加。
・薬剤耐性菌治療(ESBLsやAmpC産生腸内細菌,CRE)の項目を新規追加。
・黄色ブドウ球菌,リステリア,レジオネラ,カンピロバクター,サルモネラ,赤痢,病原性大腸菌,緑膿菌,糞線虫等の記載を強化。アクチノマイセス,トキソプラズマ・ゴンディを新規追加。
・化膿性滑液包炎,開放骨折の項目を追加。

目次

感染症診療の8大原則

第1章 感染症治療薬
●抗菌薬
■ペニシリン系
◎ペニシリン系注射薬
ベンジルペニシリン(PCG)/アンピシリン(ABPC)/ピペラシリン(PIPC)/アンピシリン・スルバクタム(ABPC/SBT)/ピペラシリン・タゾバクタム(PIPC/TAZ)
◎ペニシリン系経口薬
アモキシシリン(AMPC)/アモキシシリン・クラブラン酸(AMPC/CVA)
■セフェム系
◎第1世代セフェム系注射薬
セファゾリン(CEZ)
◎第2世代セフェム系注射薬
セフメタゾール(CMZ)
◎第3世代セフェム系注射薬
セフトリアキソン(CTRX)/セフタジジム(CAZ)
◎第4世代セフェム系注射薬
セフェピム(CFPM)
◎セフェム系とβラクタマーゼ
阻害薬合剤
セフトロザン・タゾバクタム
◎第1 世代セフェム系経口薬
セファレキシン(CEX)
◎第3 世代セフェム系経口薬
■その他のβラクタム薬:モノバクタム系
アズトレオナム(AZT)
■その他のβ ラクタム薬:カルバペネム系
◎カルバペネム系の使用を考慮する疾患
◎カルバペネム系を使用してはいけないケース
メロペネム(MEPM)
■アミノグリコシド系
◎腎毒性について
◎耳毒性について
◎アミノグリコシド系の使用を考慮する場合
◎1日1回投与 vs. 複数回投与
ゲンタマイシン(GM)/アミカシン(AMK)
■ニューキノロン系
シプロフロキサシン(CPFX)/レボフロキサシン(LVFX)/モキシフロキサシン(MFLX)
■抗MRSA薬
バンコマイシン(VCM)/リネゾリド(LZD)/テジゾリド/ダプトマイシン(DAP)
■マクロライド系
エリスロマイシン(EM)/クラリスロマイシン(CAM)/アジスロマイシン(AZM)
■その他の抗菌薬
◎リンコマイシン系
クリンダマイシン(CLDM)
◎テトラサイクリン(TC)系
ミノサイクリン(MINO)/ドキシサイクリン(DOXY)
◎グリシルサイクリン系
チゲサイクリン(TGC)
◎ニトロイミダゾール系
メトロニダゾール(MNZ)
◎スルホンアミド系
スルファメトキサゾール・トリメトプリム(ST)合剤
◎その他
リファンピシン(RFP)/コリスチン(CL)/リファキシミン/フィダキソマイシン(FDX)
●抗結核薬
イソニアジド(INH)/リファンピシン(RFP)/ピラジナミド(PZA)/エタンブトール(EB)
◎第2 選択薬
◎妊婦
◎肝障害患者
◎主な副作用
●抗真菌薬
◎アゾール系
フルコナゾール(FLCZ)/ホスフルコナゾール(F─FLCZ)/イトラコナゾール(ITCZ)/ボリコナゾール(VRCZ)
◎キャンディン系
ミカファンギン(MCFG)
◎ポリエンマクロライド系
アムホテリシンB(AMPH)/アムホテリシンB〔リポソーム製剤(L─AMPH)
◎その他の抗真菌薬
フルシトシン(5─FC)
●抗ウイルス薬
アシクロビル(ACV)/バラシクロビル(VACV)/ガンシクロビル(GCV)/バルガンシクロビル(VGCV)/ホスカルネット/レテルモビル/オセルタミビル/ザナミビル/ペラミビル/ラニナミビル
●原虫・寄生虫薬
アトバコン/アトバコン・プログアニル/メフロキン/イベルメクチン/ペンタミジン/プラジカンテル/パロモマイシン
●薬剤耐性菌治療
◎ESBLs やAmpC 産生腸内細菌の治療
◎CRE の治療

第2章 微生物からのアプローチ
●細菌
◎グラム染色のススメ
◎グラム陽性球菌:ブドウ状
黄色ブドウ球菌/コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)
◎グラム陽性球菌:連鎖状
A 群β 溶血性レンサ球菌(溶連菌)/B 群β 溶血性レンサ球菌/肺炎球菌/緑色レンサ球菌/腸球菌
◎グラム陽性桿菌
リステリア・モノサイトゲネス/バチルス・セレウス/ジフテリア/ジフテリア以外のコリネバクテリウム属/アクチノマイセス属(放緑菌)/ノカルジア属
◎嫌気性菌
◆嫌気性グラム陽性桿菌
クロストリジウム・パーフリンジェンス/ペプトストレプトコッカス属
◆嫌気性グラム陰性桿菌
バクテロイデス・フラジリス/フゾバクテリウム属/プレボテラ属
◎グラム陰性球菌
淋菌/髄膜炎菌/モラキセラ・カタラリス
◎グラム陰性桿菌
◆主に気道感染を起こすグラム陰性桿菌
インフルエンザ菌/レジオネラ・ニューモフィラ/百日咳菌
◆腸内細菌
◇カルバペネム耐性腸内細菌(CRE)
プロテウス属/大腸菌/クレブシエラ・ニューモニエ
◆主に消化管感染を起こすグラム陰性桿菌
ビブリオ属/カンピロバクター・ジェジュニ,カンピロバクター・コリ/非チフス性サルモネラ菌/チフス菌,パラチフス菌/赤痢菌属/病原性大腸菌
◆主に医療関連感染を起こすグラム陰性桿菌
セラチア・マルセッセンス/緑膿菌/アシネトバクター・バウマニー/シトロバクター・フロインディ/エンテロバクター属/ステノトロフォモナス・マルトフィリア
◆その他のまれなグラム陰性桿菌
プロビデンシア属,モルガネラ属/エロモナス属/その他のシュードモナス属/バークホルデリア・セパシア/アクロモバクター・キシロソキシダンス/エリザベトキンギア・メニンゴセプティカ
●その他の細菌
◎リケッチア属
◎マイコプラズマ属,クラミジア属
肺炎マイコプラズマ/クラミジア属
◎抗酸菌
結核菌/潜伏結核/肺外結核
◎非結核性抗酸菌(NTM)
肺MAC/マイコバクテリウム・カンザシ/迅速発育菌/その他の抗酸菌
◎梅毒
●原虫
◎マラリア
◎赤痢アメーバ
◎トキソプラズマ・ゴンディ
◎ジアルジア
●寄生虫
◎疥癬
◎条虫
日本海裂頭条虫,無鉤条虫,有鉤条虫
◎線虫
糞線虫
●真菌
◎カンジダ属
表在性カンジダ症/播種性カンジダ症/臓器別カンジダ症に関して
◎アスペルギルス属
侵襲性肺アスペルギルス症(IPA)/慢性進行性肺アスペルギルス症(CPPA)/アスペルギローマ/アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)/副鼻腔アスペルギルス症
◎クリプトコッカス属
◎ニューモシスチス・イェロベッチ
◎接合真菌
●ウイルス
◎単純ヘルペスウイルス(HSV1,2)
◎水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)
◎EB(Epstein-Barr)ウイルス
伝染性単核球症
◎サイトメガロウイルス(CMV)
◎HIV
◎インフルエンザウイルス
◎ノロウイルス
◎ヒトパルボウイルスB19
◎ムンプスウイルス
◎麻疹ウイルス
◎風疹ウイルス
●人畜共通感染症
◎レプトスピラ属
◎バルトネラ属
◎パスツレラ属
◎ブルセラ属
◎野兎病
◎Q熱
◎オウム病
◎エルシニア属
◎ペスト
◎カプノサイトファーガ属
◎ストレプトバチラス・モニリホルミス
◎豚丹毒菌
◎コリネバクテリウム・アルサランス,コリネバクテリウム・シュードツベルクローシス
●輸入感染症
■1,2類指定感染症
◎ウイルス性出血熱
◎中東呼吸器症候群(MERS)
◎鳥インフルエンザ
■4類指定感染症
◎デング熱

第3章 病態・臓器別のアプローチ
●発熱症候群
◎不明熱
◎ICU での発熱
◎手術後の発熱
◎旅行後の発熱
◎発熱と発疹
◎発熱とリンパ節腫脹
●免疫不全と感染症
●上気道感染(風邪とその周辺)
◎鼻炎症状が主な場合(鼻炎型)
◎咽頭痛が主な場合(咽頭炎型)
◎咳が主な場合(急性気管支炎か肺炎かを鑑別)
◎感染巣がはっきりしない急性の発熱(気道症状のない発熱)
●耳鼻咽喉科領域感染症
◎外耳道炎
◎急性中耳炎(成人)
●歯科感染症
◎深頸部感染
●眼科感染症
◎麦粒腫
◎結膜炎
◎眼窩蜂窩織炎
◎眼内炎
●呼吸器感染
◎市中肺炎
◎慢性閉塞性肺疾患(COPD)増悪,慢性気道感染増悪
◎院内肺炎(HAP),医療ケア関連肺炎(HCAP),人工呼吸器関連肺炎(VAP)
◎誤嚥性肺炎
◎肺膿瘍,膿胸
◎閉塞性肺炎
●尿路感染
◎単純性尿路感染
◎複雑性尿路感染
●中枢神経系感染
◎成人急性細菌性髄膜炎
◎脳室シャント,ドレーン関連髄膜炎
◎慢性髄膜炎
◎脳膿瘍
◎急性ウイルス性脳炎
●消化管感染
◎急性腸炎(下痢)
◎クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)
◎特発性細菌性腹膜炎(SBP)
◎2次性腹膜炎(消化管穿孔,虫垂炎,憩室炎)
◎CAPD関連感染症
●肝胆膵感染
◎急性胆嚢炎
◎急性胆管炎
◎肝膿瘍
◎急性膵炎(感染性膵壊死)
●循環器・血流感染
◎感染性心内膜炎
◎感染性動脈瘤
◎化膿性血栓性静脈炎
◎カテーテル血流感染
◎ペースメーカー心臓デバイスの感染症
◎人工血管感染症
◎急性心膜炎
◎縦隔炎
●骨・関節感染
◎化膿性関節炎
◎化膿性滑液包炎
◎骨髄炎
◎人工関節感染
◎開放骨折
●皮膚軟部組織感染
◎丹毒,蜂窩織炎
◎ガス壊疽,壊死性筋膜炎
◎糖尿病性足壊疽
◎動物咬傷
●性感染症(STI)
◎男性の尿道炎
◎急性精巣上体炎
◎腟炎
◎女性の尿道炎,経管炎
◎骨盤内炎症性疾患(PID)
◎陰部潰瘍性病変
◎尖形コンジローマ
◎ケジラミ
●発熱性好中球減少症
◎好中球減少性腸炎
●敗血症性ショック
◎トキシックショック症候群(TSS)
◎脾摘後敗血症

第4章 成人のワクチン
●予防接種
◎成人の予防接種
麻疹/風疹/ムンプス/水痘帯状疱疹/インフルエンザ/肺炎球菌

付録
●血液体液曝露(針刺し事故)対応
◎B 型肝炎への対応
◎C 型肝炎への対応
◎HIV への対応
●外科的予防抗菌薬
●プラチナ流! 在宅での抗菌薬投与
●脱感作
●妊婦,授乳婦への抗菌薬投与
●妊婦への薬剤危険度分類:FDA基準
●薬剤相互作用
◎特に併用薬に注意を要する抗微生物薬
◎抗凝固薬
●血液培養
◎いつ取るか?
◎正しい取り方
◎これってコンタミ?
◎培養期間は?
◎血液培養のフォローをなぜするのか?
●抗菌薬スペクトラム早わかり表
●薬剤感受性表
●主な感染症の抗菌薬投与期間
●潜伏期間と感染予防策
●届出感染症一覧
●日本の定期/任意予防接種スケジュール
●感染症迅速検査,血清抗原抗体検査:感度・特異度一覧

参考文献
索引