医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

助産雑誌 Vol.74 No.12【電子版】

2020年12月発行

特集 臨床現場での“触れる”の今後を考える

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1421
電子版発売日
2020/12/07
ページ数
94ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,650 (本体¥1,500+税10%)

印刷版ISSN
1347-8168
印刷版発行年月
2020/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
48 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

特集 臨床現場での“触れる”の今後を考える 「手当て」という言葉があるように,人は触れられることで癒されるのは,助産・看護を志した皆さんであればよく理解されていると思います。今,新型コロナウイルスの世界的な蔓延で,人との距離を取らざるを得ず,人に触れることにためらいが生じてしまうようになりました。心理的な壁にならないことを祈るばかりです。このような事態を助産の現場ではどのように捉え,どのような代替策を講じているのか,さまざまな工夫と,妊産婦や家族に安心を届けている実際をご紹介します。気兼ねなく,妊婦のそばにいられるようになるまでの模索を,読者の皆さんと共有したいと思います。

目次


「手当て」という言葉があるように,人は触れられることで癒されるのは,助産・看護を志した皆さんであればよく理解されていると思います。今,新型コロナウイルスの世界的な蔓延で,人との距離を取らざるを得ず,人に触れることにためらいが生じてしまうようになりました。心理的な壁にならないことを祈るばかりです。
このような事態を助産の現場ではどのように捉え,どのような代替策を講じているのか,さまざまな工夫と,妊産婦や家族に安心を届けている実際をご紹介します。気兼ねなく,妊婦のそばにいられるようになるまでの模索を,読者の皆さんと共有したいと思います。

臨床現場での“触れる”をどうするか
 コロナ禍の中でもできることを考える
山口 創
安心を届けるケア
 オキシトシンの分泌に着目する
大田 康江
オンラインでの出産立ち会い(1)
 代替策のオンライン立ち会いで“触れる”について考える
矢内原 麻衣
オンラインでの出産立ち会い(2)
 コロナ禍の中で考えた,ドゥーラに求められる役割
伊東 清恵
新型コロナウイルス蔓延下における母親と新生児についてのさまざまな推奨を考える
奥 起久子



■Focus
「助産師オンライン24時間マラソン☆助産師は地球を救う」を企画・開催して思うこと
西川 直子
■TOPICS
追悼・清水ルイーズさんとの思い出
河合 蘭
■研究調査
妊娠から子育て期にあるHTLV-1キャリアの母乳制限に伴う
 母親の気持ちや相談の在り方に関する一考察
柘植 薫/末岡 榮三朗



●続・いのちをつなぐひとたち[24]
石田 聡さん

●宝物,教えてください[58]
二人の姪
中川 有加
●医療コミュニケーションことはじめ[5]
医療者に必要な「共感」する能力とは?
 脳内にあるミラーニューロンシステムの機能との関連
中野 重行
●ワタナベダイチが解説! 両親学級アイスブレイク集[8]
こんな時,どんなアイスブレイク?
 テーマを選んで自己紹介
渡辺 大地
●未来の助産師を育てています わたしたちの教育現場[64]
千葉県立保健医療大学 健康科学部看護学科 助産課程

●りれー随筆[431]
“ふつう”ってなんだっけ?
岸本 志織