医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

助産雑誌 Vol.71 No.9【電子版】

2017年9月号

特集 とても大事な産後2週間健診

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1421
電子版発売日
2017/10/09
ページ数
92ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,512 (本体¥1,400+税8%)

印刷版ISSN
1347-8168
印刷版発行年月
2017/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
66 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 とても大事な産後2週間健診 従来は産後健診と言えば産後1か月健診が主流でしたが,2014年に厚生労働科学研究の研究班によって調査・研究がなされた結果,産後2週間(=退院後1週間)での健診が,母親のメンタルヘルスにとって重要であることがわかりました。その結果をふまえて,2017年度から産婦健康診査事業による産後2回分の健診費用の助成が始まり,今後は全国各地での実施が期待されます。本特集では,すでに産後2週間健診を実施している施設の実践例を参考に,早期の産後健診がいかに重要かを考えていきます。

目次


従来は産後健診と言えば産後1か月健診が主流でしたが,2014年に厚生労働科学研究の研究班によって調査・研究がなされた結果,産後2週間(=退院後1週間)での健診が,母親のメンタルヘルスにとって重要であることがわかりました。その結果をふまえて,2017年度から産婦健康診査事業による産後2回分の健診費用の助成が始まり,今後は全国各地での実施が期待されます。
本特集では,すでに産後2週間健診を実施している施設の実践例を参考に,早期の産後健診がいかに重要かを考えていきます。

産婦健康診査事業の概要について
神ノ田 昌博
産後2週間健診,1か月健診が必要な理由と,見るべきポイント
久保 隆彦
■実践報告
松田母子クリニック
 すべての母児を対象とした産後2週間健診
晴山 路子
大和高田市立病院
 退院1週間後の新生児健診で母親を支える
西原 八重美/井ノ上 文香
山形市立病院済生館
 2週間健診を通して助産師が行なう産後ケアを考える
山田 美砂子
レディースクリニックまぶち
 妊娠中から卒乳まで継続して支援するうえで大切な退院後1週間健診
西野 美華子



■助産テラス
「ぱぱとままになるまえに」の活動報告
西出 博美/高橋 孝予
■TOPICS
熊本地震における助産活動の記録(1)
 発災後1年,熊本県助産師会の動き
坂梨 京子
追悼 ドロシア・ラングさんを偲んで
新野 由子
産褥婦の自殺にかかる状況および社会的背景の調査
森 桂/大田 えりか/森 臨太郎



●私たちの仕事場[20]
医療法人財団 足立病院
文:(看護部長)白岩 八千代
写真:河合 蘭
●宝物,教えてください[20]
19年分の助産録
星野 雄子
●助産師スピリットを育てよう!
 矢島助産院の実習調整会 助産院実習における学校との協働[6]
実習における学生とのシェアシートの活用
清水 幹子
●ワタナベダイチ式! 両親学級のつくり方[15]
意識が高い・低いとは,どういうことか?
渡辺 大地
●未来の助産師を育てています わたしたちの教育現場[30]
聖泉大学 別科助産専攻

●りれー随筆[392]
お母さん,天国で元気にしていますか?
内田 一美