医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

助産雑誌 Vol.73 No.4【電子版】

2019年4月発行

特集 数十年先まで見据えた周産期のケア 尿失禁や骨盤臓器脱から女性を守る

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1421
電子版発売日
2019/04/08
ページ数
92ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,650 (本体¥1,500+税10%)

印刷版ISSN
1347-8168
印刷版発行年月
2019/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
66 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 数十年先まで見据えた周産期のケア 尿失禁や骨盤臓器脱から女性を守る 妊娠中や分娩時に骨盤底筋群を損傷することによって,産褥期だけでなく,数十年後に症状が現れてくることがあります。例えば老年期に差し掛かる頃に,尿失禁,便失禁,骨盤臓器脱を発症することが知られています。本特集では,骨盤底筋群損傷によって引き起こされる症状を解説すると共に,そういった症状を出さないためにできる対策を紹介します。適切な予防法を知り,妊婦の未来を守るためのケアの一助としていただければと思います。

目次


妊娠中や分娩時に骨盤底筋群を損傷することによって,産褥期だけでなく,数十年後に症状が現れてくることがあります。例えば老年期に差し掛かる頃に,尿失禁,便失禁,骨盤臓器脱を発症することが知られています。
本特集では,骨盤底筋群損傷によって引き起こされる症状を解説すると共に,そういった症状を出さないためにできる対策を紹介します。適切な予防法を知り,妊婦の未来を守るためのケアの一助としていただければと思います。

尿失禁,骨盤臓器脱,便失禁と分娩時の骨盤底損傷
中田 真木
分娩時・産後に生じる骨盤臓器脱と予防・介入法
知野 陽子/吉田 好雄
妊娠期・産褥期における骨盤ケア
田舎中 真由美/木野 秀郷/遠藤 源樹
女性の下部尿路機能を守るための周産期ケア
吉田 美香子
助産師ができるペリネケアの実践
大野 芳江



■海外レポート
ブラジル「光のプロジェクト」の今
高橋 優子
■特別記事
マイ助産師制度の実現に向けて
 産婦人科医院とのオープンシステムを構築
松浦 照子
■TOPICS
第34回日本分娩研究会を開催しました
 「先を読む分娩・産後ケアは」をテーマに
徳永 昭輝/平出 美栄子/立岡 弓子



●NIPTと優生思想をめぐって[1]
無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)とは[前編]
仁志田 博司
●地域助産師&施設助産師&保健師がつながれば笑顔が広がる
 「助助っぽ連携」を始めよう![1]
連載のはじめに 助助っぽ連携って何?
今村 理恵子
●私たちの仕事場[31]
地方独立行政法人 総合病院 国保旭中央病院

●宝物,教えてください[39]
30年間洗えない小さなポーチ
平出 美栄子
●現場が変わる! チームに働きかける母性看護CNSの実践[4]
母性看護専門看護師の活用と現状の課題 実態調査の結果から
成田 伸/松原 まなみ/遠藤 俊子/
上澤 悦子/工藤 美子/佐藤 陽子/
長坂 桂子/町浦 美智子
●未来の助産師を育てています わたしたちの教育現場[48]
東京医療保健大学 助産学専攻科

●りれー随筆[411]
今までと,そしてこれから
松尾 真璃