医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

助産雑誌 Vol.71 No.1【電子版】

2017年1月号

特集 麻酔分娩に、どう向き合うか

出版社
医学書院
電子版ISSN
1882-1421
電子版発売日
2017/09/11
ページ数
88ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,540 (本体¥1,400+税10%)

印刷版ISSN
1347-8168
印刷版発行年月
2016/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
64 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

特集 麻酔分娩に、どう向き合うか 近年わが国では,麻酔分娩を行なう施設数,麻酔分娩の実施件数ともに増加の一途をたどっています。先進諸外国と比べれば分娩全体における比率はまだまだ少ないものの,日常臨床で麻酔分娩を希望する妊婦と出会うことや,施設によっては実際に麻酔分娩の介助を行なうこともあると考えると,避けては通れない話題です。本特集では,麻酔分娩の場面における助産実践の実際を学ぶとともに,麻酔分娩に助産師はどう向き合えばいいのか,そのなかで何ができるのかについて,個々の助産師が臨床での体験を通して感じたこと,考えたことを中心に紹介していただきます。

目次



近年わが国では,麻酔分娩を行なう施設数,麻酔分娩の実施件数ともに増加の一途をたどっています。
先進諸外国と比べれば分娩全体における比率はまだまだ少ないものの,日常臨床で麻酔分娩を希望する妊婦と出会うことや,施設によっては実際に麻酔分娩の介助を行なうこともあると考えると,避けては通れない話題です。
本特集では,麻酔分娩の場面における助産実践の実際を学ぶとともに,麻酔分娩に助産師はどう向き合えばいいのか,そのなかで何ができるのかについて,個々の助産師が臨床での体験を通して感じたこと,考えたことを中心に紹介していただきます。

■助産師にとっての無痛分娩
水尾 智佐子

■【私はこう考えて向き合っています】
産婦と家族が主体になるように寄り添う
渡邉 祝子/西村 えみ子/伊藤 悠子/
佐藤 正規/谷垣 伸治/青木 智子
麻酔分娩でもかかわる助産師の姿勢は変わらない
渡瀬 美祈
多様な出産に対応できる助産管理能力の必要性
菅原 理沙/浅岡 真紀/横山 いずみ
麻酔分娩を望む妊産婦とのかかわりのなかで思うこと
田中 えみ子/諸伏 美雪/常田 奈津美/過能 綾子



■TOPICS
赤ちゃんへの指圧,バランシングセラピー(Balancing Therapy)
カーティー 倫子
■レポート
A県の病院に勤務している助産師の
 「助産師出向システム」への出向に対する思い
都甲 愛未/石岡 洋子
正常妊娠の確定に不安を抱く方とのかかわりを振り返って
川畑 綾子/角野 美希
■実践報告
中部大学で開催する子育てセミナーによる
 看護学生の共育・共学プロジェクトの実践
横手 直美/岡倉 実咲/山下 恵/
中島 梢/佐藤 瑞花/赤堀 仁美



●私たちの仕事場[12]
山本助産院
文:(院長)山本 詩子
写真:宮崎 雅子
●宝物,教えてください[12]
大事な,大事な娘たち
高室 典子
●ワタナベダイチ式! 両親学級のつくり方[7]
産前クラスか産後クラスか
渡辺 大地
●未来の助産師を育てています わたしたちの教育現場[23]
マロニエ医療福祉専門学校 助産学科

●りれー随筆[385]
ちょっとしたきっかけで出会った職業
阿部 明美