医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

J. of Clinical Rehabilitation 31巻8号【電子版】

小児発達障害のリハビリテーション-運動機能発達に着目して

出版社
医歯薬出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/07/18
ページ数
100ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,640 (本体¥2,400+税10%)

印刷版ISSN
0918-5259
印刷版発行年月
2022/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
94 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

小児発達障害のリハビリテーション-運動機能発達に着目して
 小児を含む発達障害(神経発達症)は2004年に制定された発達障害者支援法を契機に社会的にも広く認知されるようになり,最近では,各地の小児のリハビリテーション医療・療育機関を受診・利用する児のかなりの程度を占める状況になっている.子どもを取り巻く育児・保育・教育の領域では,「気になる子」が多く見出されるようになっており,早期発見・早期対応につながっているところであるが,必ずしも十分であるとは言い難い現状がある.発達障害(神経発達症)は,協調運動,感覚受容,コミュニケーション,対人関係等,小児の発達全体にかかわり,多領域・多職種での対応が求められている.
 リハビリテーション診療の領域では,運動の不器用さや日常生活動作スキルの獲得遅延等,運動発達面からのサポートを求めての受診が多いと考えられる.また肢体不自由を主病像とする疾患においても,発達障害の要素が認められる例も少なくない.
 しかし,現場では,「発達障害(神経発達症)はわかりにくい」という声もしばしば聞かれるところである.また,養育者が発達障害(神経発達症)のある子どもへの対応に困難さを自覚し,極端な場合には疲弊していることもあり,リハビリテーション診療を進めるうえでの課題となっている場合もある.
 発達障害(神経発達症)のある子どもを成人後はどのようにフォローしていくのか,移行期医療の問題も今後重要視されていくものと思われる.
 本特集では,発達障害の中でも特に運動機能に着目して,専門的に診療研究されている執筆者の方々に,それぞれのご専門・ご経験を踏まえて多面的な視点から解説をお願いした.すなわち,小枝達也先生には発達障害全体の概要について,橋本圭司先生には早期発見の手がかりとなるツールを中心に,小池純子先生には総合療育施設における発達障害児へのリハビリテーション診療の基本的な考え方について,岩永竜一郎先生には発達性協調運動障害に焦点を当てた具体的な介入方法の詳細を,井上雅彦先生には養育者へのサポートともなり得るペアレントトレーニングの紹介とリハビリテーション実地診療における応用の考え方を,丹治和世先生には成人と小児における発達障害診療の比較と小児から成人へのトランジションにかかる問題についてそれぞれご執筆いただいた.
 本特集が読者各位の,発達障害児への多職種・多施設連携の下でのリハビリテーション診療を進めて行くうえで一助となれば幸いである.(編集委員会)

目次

発達障害(神経発達症)とは何か  小枝達也
神経発達症のサインと判定法  橋本圭司
運動発達障害のリハビリテーション治療-地域療育センターの実践  小池純子
発達性協調運動症とそのリハビリテーション  岩永竜一郎
ペアレントトレーニングの技法のリハビリテーションへの取り入れ  井上雅彦
成人発達障害診療からみた発達障害  丹治和世
■新連載
パラアスリートに聞く パラスポーツとの出会い 
第1回 大山晃司選手(アーチェリー)  吉永勝訓 
■連載
巻頭カラー  症例でつかむ!摂食嚥下リハビリテーション訓練のコツ 
9.高齢者の誤嚥性肺炎に対する舌背挙上訓練のコツ  保田祥代,小口和代・他 
慢性疼痛のリハビリテーション 
4. 慢性疼痛の集学的リハビリテーション医療の実際  高橋紀代 
回復期・生活期リハビリテーション医療に必要な内科的管理 
4.呼吸器疾患  海老原覚,三浦平寛・他 
ニューカマー リハ科専門医 
  安川俊樹 
リハスタッフが知っておくべきプレゼン(学会発表・講演)のコツ 
14.魅せるスライド:4.聴衆を惹きつけるプレゼンテーションのテクニック  前田圭介 
知っておきたい神経科学のキィワード 
5. 身体運動における誤差学習と強化学習  野崎大地 
リハビリテーション医療におけるACP―治らないかもしれない障害をもつ患者に対応する― 
2.脳卒中  和田恵美子,川澤あゆみ
リハビリテーションと薬剤 
13.リハビリテーションでよく処方される薬剤とその副作用:③抗パーキンソン病薬  小坂鎮太郎 
リハビリテーション医学・医療と私 
第3回 リハビリテーションの啓発と新領域の開拓―内科14年,リハビリテーション科28年の医師人生を振り返って  上月正博 
臨床研究 
初期臨床研修におけるリハビリテーション科研修の意義と今後の課題-学内アンケート調査結果の分析を通じて-  廣畑俊和,大濵倫太郎・他