医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

病理と臨床 2016年11月号【電子版】

病理解剖の現在~医療における相互検証文化を築くため

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/09/13
ページ数
114ページ
 判型
B5変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,190 (本体¥2,900+税10%)

印刷版ISSN
0287-3745
印刷版発行年月
2016/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
60 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

病理解剖の現在~医療における相互検証文化を築くため
特集テーマは,「病理解剖の現在~医療における相互検証文化を築くため」.病理解剖の現状,病理解剖における倫理問題,CPCレポート,研修医教育,病理専門医の教育,法医学との協力,遺族への説明,看護CPC,等について考察する.連載記事として,[マクロクイズ],[CPC解説],[悪性腫瘍に対する分子標的治療薬],[病理における医療倫理の諸問題],[医療事故調査制度の経緯と現状],[今月の話題],他を掲載.

目次

【特集】
[現在の問題点]
●病理解剖の現状/深山正久
●病理解剖における倫理問題/伊東恭子ほか
●日本病理剖検輯報とNCD/宇於崎 宏
●診療関連死の現在・医療事故(安全)調査機構/内藤善哉
[病理解剖と教育]
●CPC教育(医学生,研修医)/池村雅子ほか
●CPCレポート,研修医教育/円山英昭ほか
●病理専門医の教育/柳井広之
●ハンガリープロジェクト/真鍋俊明ほか
●法医学との協力/北川昌伸
[社会との接点]
●遺族への説明/倉岡和矢ほか
●看護CPC/田村浩一
●一地域病院での病理解剖/芝田敏勝ほか
●社会への発信/黒田 誠
【連載】
<マクロクイズ>[90]/大橋健一
<CPC解説>[88]
●意識障害,発熱で発症し,病理解剖の結果,NK/T細胞リンパ腫,鼻型の肺浸潤で
 死亡したと判明した90歳代女性/長沼 廣ほか
<悪性腫瘍に対する分子標的治療薬>[8]
●泌尿器科領域の分子標的治療薬とコンパニオン診断/浦崎哲也ほか
<医療事故調査制度の経緯と現状>[8]
●診療関連死の現在─愛知県の場合/池田 洋
<今月の話題>
●病理専門医・病理専攻医の現状と業務量比較など/佐々木 毅
●翻訳/竹内賢吾
●たかが髄膜腫,されど髄膜腫/田中伸哉
<原著>
●突然死症例における病理解剖の有用性について─自施設40例での検討─/阿部浩幸ほか
<ひろば>
●なぜ,自宅で亡くなったAさんの剖検を─ある地域病院での病理解剖─/髙屋敷典生【Information】