医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

病理と臨床 2015年 1月号【電子版】

放射線障害の病理

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/09/20
ページ数
108ページ
 判型
B5変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,080 (本体¥2,800+税10%)

印刷版ISSN
0287-3745
印刷版発行年月
2015/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
60 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

放射線障害の病理
特集テーマは,「放射線障害の病理」.人体における放射線誘発がん,放射線による細胞死,放射線影響研究のデータ,などを考察する.連載記事として,[マクロクイズ],[CPC解説]肝原発悪性リンパ腫(primary hepatic lymphoma)と喉頭癌の肝転移を合併した一剖検例,[病理と基礎生命科学との接点]リンパ管新生,[病理をとりまく社会問題]病理医の育成システム,[今月の話題]膜性腎症の診断における抗PLA2R抗体の有用性,他を掲載.

目次

【特集】
<放射線障害総論>
●放射線障害の病理学:その問題点/福本 学
<人体における放射線誘発がん>
●原爆被爆者の放射線腫瘍病理/中島正洋
●原爆被爆者の白血病/朝長万左男
●原爆被爆者の乳癌/米原修治ほか
●放射線治療に伴う二次がん/藤井誠志ほか
<放射線による細胞死>
●白内障/佐々木 洋
●東海村臨界事故での中性子線大量被曝/宇於崎宏ほか
<放射線影響研究のデータ>
●疫学と病理学的機序/小笹晃太郎
●放射線研究のためのアーカイブ構築に関する世界の動き/三枝 新
<カレントトピックス>
●消化管発がんの起源としての組織幹細胞/大塚健介
【連載】
●マクロクイズ[70]/二村 聡
●CPC解説[66]
 肝原発悪性リンパ腫(primary hepatic lymphoma)と喉頭癌の肝転移を合併した
 一剖検例/波多野まみほか
●病理と基礎生命科学との接点[10]
 リンパ管新生/吉松康裕ほか
●病理をとりまく社会問題[4]
 病理医の育成システム/北川昌伸
【今月の話題】
●病理学と研究マインド,そしてh-index/豊國伸哉
●膜性腎症の診断における抗PLA2R抗体の有用性/串田吉生ほか
【Information】