医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

病理と臨床 2017年 1月号【電子版】

計量(デジタル)病理学:画像の数値化から補助診断まで

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/09/13
ページ数
100ページ
 判型
B5変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,190 (本体¥2,900+税10%)

印刷版ISSN
0287-3745
印刷版発行年月
2017/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
76 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

計量(デジタル)病理学:画像の数値化から補助診断まで
特集テーマは,「計量(デジタル)病理学:画像の数値化から補助診断まで」.デジタル病理学,自動補助診断システムはどこまで可能か?/人工知能と病理/発がん過程を進化としてとらえる:数理的アプローチ/定量的病理診断と病理形態学ルネサンス/デジタル病理学に向けた画像の色情報処理/位相幾何学的指標による癌病変部抽出技術/病理形態学における位相幾何学的方法/デジタル化がもたらす病理診断学の近未来像 について考察する.連載記事として,[マクロクイズ],[CPC解説],[今月の話題],他を掲載.

目次

【特集】
●デジタル病理学,自動補助診断システムはどこまで可能か?/齋藤 彰ほか
●人工知能と病理/山本陽一朗ほか
●発がん過程を進化としてとらえる:数理的アプローチ/巌佐 庸
●定量的病理診断と病理形態学ルネサンス/橋口明典ほか
●デジタル病理学に向けた画像の色情報処理/山口雅浩
●位相幾何学的指標による癌病変部抽出技術/中根和昭
●病理形態学における位相幾何学的方法/瀧山晃弘ほか
●デジタル化がもたらす病理診断学の近未来像/原田 大
【連載】
<マクロクイズ>[93]
 高原大志ほか
<CPC解説>[90]
●著明な肝脾腫を呈し,劇症の経過をたどったsystemic EBV positive T
 ─cell lymphoma of childhoodの1剖検例/甲斐敬太ほか
<悪性腫瘍に対する分子標的治療薬>[10]
●悪性黒色腫に対する分子標的治療薬とコンパニオン診断/山崎直也
<今月の話題>
●頸部リンパ節内異所性甲状腺─良悪性の鑑別─/長沼 廣
【Information】