医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

総合診療 Vol.34 No.2【電子版】

2024年 02月号

特集 日常診療で出合う筋骨格疾患 脳神経内科と整形外科からのアプローチ

出版社
医学書院
電子版ISSN
2188-806X
電子版発売日
2024/02/05
ページ数
120ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,860 (本体¥2,600+税10%)

印刷版ISSN
2188-8051
印刷版発行年月
2024/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
106 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 日常診療で出合う筋骨格疾患 脳神経内科と整形外科からのアプローチ ①独自の切り口が好評の「特集」と、②第一線の執筆者による幅広いテーマの「連載」、そして③お得な年間定期購読が魅力! 実症例に基づく症候からのアプローチを中心に、診断から治療まで、ジェネラルな日常診療に真に役立つ知識とスキルを選りすぐる。「総合診療専門医」関連企画も。 (ISSN 2188-8051)

月刊、年12冊

目次

特集 日常診療で出合う筋骨格疾患 脳神経内科と整形外科からのアプローチ

総合診療医が日常診療で遭遇する痛み・しびれといった症候には、脳神経内科と整形外科双方の基礎知識が不可欠です。
そこで本特集では日々の臨床で出合うcommonな筋骨格疾患に対して、非専門医やプライマリ・ケア領域の医師がどのようにアプローチすればよいかについて、脳神経内科、整形外科それぞれの立場から解説し、読者の皆さんが日常診療で筋骨格疾患に少しでもアプローチしやすくなることを目的とします。

■総論
“しびれ”の解剖基礎知識
杉田陽一郎

■頸部~上肢の病態
①肩の疼痛
吉村 眞|下山勝仁|梶原大輔

②手・指の疼痛
樫山尚弘

③手根管症候群
杉田陽一郎

④頚椎症性神経根症・脊髄症
岩田秀平

⑤整形外科疾患と筋萎縮性側索硬化症(ALS)の鑑別
佐藤 光|安藤哲朗

⑥神経痛性筋萎縮症
深澤真弓|加藤匡裕|岩部昌平

■腰部~下肢の病態
①大腿骨近位部骨折
赤嶺尚里

②変形性膝関節症
橋口直史

③腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症
岩田秀平

④血管炎性ニューロパチー
柴田 真

⑤足関節の疼痛
酒井瑛平

⑥急性脊髄疾患
宮本翔平|塩尻俊明

今月の「めざせ!総合診療専門医!」問題

●Editorial
脳神経内科、整形外科双方の視点で筋骨格疾患にアプローチする!
杉田陽一郎|岩田秀平

●What's your diagnosis?|254
晴れ、のち紫
梅本大地|金森真紀

●アスクレピオスの杖|想い出の診療録|46
奥会津の小さな物語 ~ Doctor's tears ~
鎌田一宏

●ジェネラリストに必要な ご遺体の診断学|11
ご遺体の検査② 心臓穿刺
森田沙斗武

●オール沖縄! カンファレンス Ver.2.0|レジデントの対応と指導医の考え|85
ズボンの中まで日々観察!
樋口友哉|酒井達也|鈴木智晴、他(監修)

●Dr.上田剛士のエビデンス実践レクチャー!|医学と日常の狭間で|患者さんからの素朴な質問にどう答える?|47
医学的に「不衛生」が好ましい場合とは?
上田剛士

●臨床医のためのライフハック|限りある時間を有効に使う仕事術|11
講演・レクチャー──魅力的な内容・スライドを効率よく準備するには?
中島 啓

●投稿 総合診療病棟
低酸素血症と左上肢の浮腫の原因は?
相庭晴紀|山賀紗織|矢部正浩|