医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

看護管理 Vol.34 No.2【電子版】

2024年 02月号

特集 「生きる」を支える倫理的なケア 尊厳と安全をどう守るか?

出版社
医学書院
電子版ISSN
1345-8590
電子版発売日
2024/02/05
ページ数
88ページ
 判型
A4変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,760 (本体¥1,600+税10%)

印刷版ISSN
0917-1355
印刷版発行年月
2024/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
28 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

特集 「生きる」を支える倫理的なケア 尊厳と安全をどう守るか? 社会の変化を的確にとらえながら、看護管理者として直面するさまざまな問題について解決策を探る月刊誌。看護師長を中心に主任から看護部長まで幅広い読者層に役立つ情報をお届けします。 (ISSN 0917-1355)

月刊、年12冊

目次

特集 「生きる」を支える倫理的なケア 尊厳と安全をどう守るか?

効率性と安全性を過度に追求することなく,患者の尊厳と安全を守るとともに,看護師の安全も守りながら看護師1人ひとりが自律してケアを提供するために,看護の現場には何が必要でしょうか。
本特集では,身体拘束や転倒・転落などを切り口に,「生きる」意味を支える倫理的なケアについて,マネジメントをはじめ,医療安全,政策など,さまざまな視点から考えます。そして,倫理的なケアの実現に向けて,看護管理者が行うべきことや意識すべきことについてあらためて考察します。

【座談会】
尊厳と安全をどう守るか?身体拘束について改めて考える──兵庫県立西宮病院での転倒事故裁判の判決から
奥 裕美/熊谷雅美/叶谷由佳

【座談会】
「患者の個別性を支え,尊厳を守るケア」を看護管理者はいかに支えるか──対話が倫理的な組織文化を醸成する
さとうみき/川﨑つま子/深堀浩樹/堀田聰子

転倒・転落について改めて考える──医療安全管理の視点から
甲斐由紀子

精神保健福祉法改正により精神科病院に期待される虐待防止に係る取り組みの推進
関根小乃枝

患者の尊厳を尊重した看護に向けて──長年,身体拘束ゼロに取り組んできた立場から
小藤幹恵

【資料】
介護・医療現場における転倒・転落~実情と展望~
11団体共同声明

■巻頭シリーズ 気になる病院の魅力②
患者・地域の方々・職員全てを幸せに──桜十字病院の取り組み
建山 幸/穴見優佳

■NAレポート
第54回日本看護学会学術集会開催──「看護職の働き方を変え,新たな看護の価値を創造しよう」をテーマに

●明日のわたしのリーダーシップ⑪
部下マネジメント
高岡明日香

●政策をヒントに,看護管理をブラッシュアップ②
医療保険制度を考える前に,日本の社会保障の現状を知る
小野田 舞

●24時間戦えません 看護職と睡眠の深い世界②
ヒバリ型? フクロウ型? あなたはどちらですか?
青木裕見

●これからの臨床現場を支えるために㉖
安全な職場環境づくりに向けて,職場における暴力の解決を進める
岩間恵子

●読んでおきたいビジネス書㉞
『プロフェッショナルの条件』──いかに成果をあげ,成長するか
間杉俊彦

●看護管理 ときにはバーディー ほぼパー⑭
マネジメントの多くは事務長に学んだ
坂本すが

●おとなが読む絵本 ケアする人,ケアされる人のために(208)
黒光りするピアノから響いてくる「カノン」
柳田邦男