医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

臨牀消化器内科Vol.30 No.14【電子版】

2015年12月 【創刊30周年記念号】

【創刊30周年記念号】臨床研究と出版の倫理―消化器内視鏡領域における現状と課題

出版社
日本メディカルセンター
電子版ISSN
2433-2488
電子版発売日
2017/08/14
ページ数
73ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥1,080 (本体¥1,000+税8%)

印刷版ISSN
0911-601X
印刷版発行年月
2015/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
12 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

巻号一覧

概要

【創刊30周年記念号】臨床研究と出版の倫理―消化器内視鏡領域における現状と課題
第89回日本消化器内視鏡学会総会における,特別企画パネルディスカッション「臨床研究と出版の倫理―内視鏡学会はどうあるべきか」(司会:坂本長逸,三浦総一郎)を特別企画としてまとめた.

目次

巻頭言 1707
第1章 ICMJE の意義,JAMJE の活動と医学雑誌編集ガイドライン 1711
第2章 臨床研究登録がなぜ今必要か―新たになったヘルシンキ宣言 1717
第3章 研究出版における倫理的実践の鍵としての透明性 1725
第4章 内視鏡分野における多様な臨床研究デザインと倫理的な課題 1739
第5章  臨床研究登録に関する,日本消化器内視鏡学会英文誌編集委員会の編集後記  1759
[付録]1.ヘルシンキ宣言:人間を対象とする医学研究の倫理的原則 1761
    2.人を対象とする医学系研究に関する倫理指針 1765